それでは、グリーバーチャルYouTuber事業が成功する可能性はあるのか。

「グリーの荒木英士執行役員が記者会見で、『まず市場や文化をつくることが大事』と述べていた通り、バーチャルYouTuberはまだ未成熟な市場です。ですから早い段階で参入を決めたことで他社に後れを取らなかったことや、100億円投資という話題性で注目を集められたこと自体は成功といえるでしょう。

 ただ、グリーは現時点で行っていることといえば、バーチャルYouTuber事業参入を発表したことだけであって、肝心のバーチャルYouTuberはまだデビューしていません。成功の可能性を考えようにも、当のバーチャルYouTuberが存在しない状態では、まだなんともいえない状態なのです」(同)

 そして多根氏は、グリーのバーチャルYouTuber事業参入をこう分析する。

「突き詰めて言うと、YouTuberは総合的な人間力が問われるものです。たとえしゃべりが面白かったり一芸に秀でていても、一カ所でもダメな部分があればファンが離れていくことがあります。その点バーチャルYouTuberは、まずルックスのハードルがなくなりますし、画面の演出に凝ったりとチームで盛り上げられる要素も多い。そのうえ撮影スタジオや配信システムなど、バックアップの総合力が問われる部分が大きく、手軽に個人でなんとかできる範疇を超えています。その点でいえば、企業として取り組もうという姿勢は正解でしょう。

 ただ、ひとつ懸念点として挙げられるのが、グリーが有名なコンテンツ(IP)を持っていないことです。たとえば、現時点でバーチャルYouTuber事業への参入を発表しているKADOKAWAなどは、『涼宮ハルヒ』や『けものフレンズ』などといった有名IPを多数持っている会社です。するとオリジナルのバーチャルYouTuberがコケたとしても、あくまで仮定の話ですが、涼宮ハルヒにYouTuber活動をやらせれば、一定の利益は見込めるわけでしょう。一方、有名IPを持っていないグリーには、このようなセーフティネットが敷けません。その分リスクも大きいのではないでしょうか」(同)

グリー復活は「厳しい」、カギはバーチャルYouTuberのIP化

 では、今後グリーが過去の勢いを取り戻すことができるのだろうか。

「正直なところ、かなり厳しいかと思います。たとえばDeNAは任天堂と協業して、ネット関連のノウハウを任天堂に提供する代わりに、任天堂IPという強力な見返りを得ているわけです。ではグリーの持つノウハウを必要とする企業があるかといえば、現時点ではいないでしょう。

 また、バーチャルYouTuberはアニメビジネスに近しいものなので、必然的に顧客層が限定されてしまうのではないか、とも考えられます。『アナザーエデン』も日本製RPGのシステムを踏襲したゲーム性で一定の人気はありますが、爆発的な成長性を秘めているとは言い難いものがあります。

 ただ、今後のバーチャルYouTuber事業の育て方によっては、関連の技術を持つ企業として、他社に求められる存在となるかもしれません。同事業の本質は、YouTuber活動でキャラクターを定着させたうえで、グッズを販売したり、ライブを行ったりと活動の範囲を広げていくIPビジネスです。人気バーチャルYouTuberというIPが欲しい会社は山ほどあるでしょう。その市場においてインフラ企業としての基盤を築ければ、任天堂と協業できたDeNAのように、心強い味方をつけて返り咲く可能性もあるのではないでしょうか」(同)

 グリーは復活を遂げられるのか、今後の動向に注目していきたい。
(文・取材=A4studio)

情報提供はこちら
RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合