NEW

世界的ヒットの宇多田ヒカル『初恋』は、なぜ30~40代男女の心を震わせるのか?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宇多田ヒカル『初恋』(ERJ)

 今年でデビュー20周年を迎える宇多田ヒカル。6月27日にリリースされた宇多田にとって7枚目のアルバム『初恋』(ERJ)が大ヒットしている。日本国内では30代、40代の支持が厚く、それだけでなく海外でも受け入れられているというのだ。

 国内では発売初週には20.4万枚の売り上げを記録し、オリコン週間ランキングと週間デジタル・アルバム・ランキングの両方で第1位を獲得。女性ソロアーティストとして初の快挙を成し遂げた。それと同時に1stアルバム『First Love』から7作連続で1位を獲得し、オリジナル盤による1stからの連続1位獲得作品数では、女性ソロアーティストとして歴代単独2位となった。

 宇多田旋風が巻き起こっているのは日本だけではない。アメリカのビルボードでは週間アルバム・セールス・チャートで第1位、全米iTunes総合アルバムチャートで最高4位を獲得。さらに日本を含む32カ国のiTunesでランクインを果たすなど、世界中に宇多田ヒカルファンを拡大させているといえる状況となっているのである。

 なぜ宇多田の最新アルバムがここまで人を魅了するのか、そして『First Love』と『初恋』にはどういった関連性があるのか。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部で非常勤講師も務める音楽評論家、岡村詩野氏に話を聞いた。

よくある青春ソング、人生応援ソングにはない哲学性が大人にウケる


 宇多田ヒカルの人気の理由について、岡村氏は「宇多田ヒカルにしか書けない歌詞」の存在を指摘する。 

「今回のアルバムに限らず宇多田さんの書く歌詞には、“別れはいつか必ず訪れる、そもそも人間はひとりで生きていくものだ”といったような、ある種の諦念や終末観が漂っているように思えます。しかし達観して終わり、というわけでもありません。例えば『初恋』の1曲目である『Play A Love Song』や、10曲目の『大空で抱きしめて』などは、“辛いこともいつかは終わるし、いつかは別れが絶対に来るけど、それは次の始まりだよ”というような内容の歌詞になっています。

 宇多田さん自身、母である藤圭子さんを衝撃的なかたちで亡くされたりと、さまざまな事情を背負って生きているわけです。そのような彼女なりの人生経験をもとにした哲学が根底にあるからこそ、凡庸な青春ソングや人生応援ソングとは違う、強く深い包容力が存在しているのではないでしょうか。

 そんな宇多田さんの人間性そのものや、それを表現した歌詞に対して強い共感を覚えている方が、『初恋』を含めた彼女の作品を熱心に聴いているように感じられます。もちろん10代や20代の若いファンもいますが、彼女の曲によって力づけられるのは、酸いも甘いも噛み分けた人生経験を持ち合わせる30代以上の方が特に多いのではないでしょうか。ただ、単純に彼女の曲は本当にサウンド面だけ取り出してもカッコいい。そこに惹かれる若いファンも多い。だから彼女のファンは年齢層がすごく広いのだと思います」(岡村氏)

世界的ヒットの宇多田ヒカル『初恋』は、なぜ30~40代男女の心を震わせるのか?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、Fantome初恋宇多田ヒカルの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事