NEW

さんま&マツコ、「バイキングでは残してもいい」「金払ってるんだから」発言に批判殺到

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
明石家さんま

 8月1日に放送された『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)のなかで、明石家さんまとマツコ・デラックスがバイキング(ビュッフェ)に関して、「お金を払っているのだからバイキングの食事は残してもいい」という持論を展開し、インターネット上を中心に波紋を呼んでいる。

 注目を浴びたのは、同番組のコーナー「どっち派討論会!」にて、立川志らくが「バイキングでお皿に盛る時はどっち派?」というテーマを出題した時のワンシーン。「ひと口サイズで盛る派」の立川は、「一気にガッツリ盛る派」のさんまと真っ向から対立する。立川は、提供される食事が「すべておいしいわけでもないし、自分の好みに合うとも限らない」と主張。料理を残さないように、少しずつ取っていくべきだと強調した。

 立川の意見を聞いたさんまは、「別に残してもいいじゃないですか!」と食ってかかったが、「大先輩に申し訳ないですけど、『残してもいいじゃない』っていう台詞は、人間としてクズでございます!」と手厳しく返されてしまう。

 立川は続いて「最初は少しずつ盛り、おいしかった食事をお代わりすべき」と主張したが、今度はさんまが「間違ってる!」と反撃。客側はすでにお金を払っているのだから、残そうが残すまいが気にするべきではないとの持論を展開した。

「お金を払ってるから、なんでもやっていいという発想は、やっぱりクズです!」と立川がさらに強く批判すると、「体の調子によっては残してしまうケースもある」とさんまはさらに反論。しかし、立川からは「残さないように取るべき」「自分の限界がわかってる人のことを“オトナ”と言うんじゃないんですか?」と返され、2人の意見は平行線を辿り続ける。

 そこへ「ガッツリ盛る派」のマツコがさんまに加勢し、「チマチマ何回も(食事をとりに)行ってるのって逆に恥ずかしくない?」と疑問を口にした。食事を取るために何度も席を立つ行為は「必死さ」を感じるとして、みっともないと非難。マツコも、立川の意見には否定的だった。

 だが、この様子を見ていた視聴者からは、さんまとマツコの意見に対する批判が続出した。ネット上には「『金払ってるんだから』って本気で言ってるとしたら引くわ」「お金を払ってるからといって、食べ物を粗末にしていい理由にはならないだろ」「何度も席を立って色々な味を楽しむのがバイキングなんじゃないの?」「いくらカネを払っていても、食べ物を残さないという視点がないのは恥ずべき」など、2人に対して疑問を呈する声が数多く上がった。

 影響力の大きいさんまとマツコの発言だけに、看過できない人が多かったのかもしれない。
(文=編集部)

さんま&マツコ、「バイキングでは残してもいい」「金払ってるんだから」発言に批判殺到のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、マツコ・デラックス明石家さんま立川志らくの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事