NEW

東京医科大の不正入試「女性差別以外の何者でもない」 内部調査委員会が記者会見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

東京医科大の不正入試「女性差別以外の何者でもない」 内部調査委員会が記者会見の画像1
写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ

 今月2日に読売新聞が、東京医科大学が医学部医学科の一般入試で女子受験者の得点を減点していたことを報道した。このニュースには、ここまであからさまな女子差別が行われていたことに対する驚きの声があがる一方で、医師などから「以前からあったこと」「東京医科大だけの問題ではない」といった指摘も出ていた(東京医科大だけの問題ではない、女性の医学部合格者の不自然な少なさ)。その後、女子受験者だけでなく、3浪以上の男子も減点対象となっていたことも判明している。

 同大学は、前科学技術・学術政策局長の佐野太氏から便宜を受け、その見返りに佐野氏の子どもを不正合格させていた件で、内部調査委員会を設置している。同委員会は7日、調査報告書の内容を都内で記者会見。報告書では、特定の受験者に対する点数操作と、性別や現役・浪人などの属性を理由に点数操作があったことが認められていた。女子受験者への減点理由は、「女性は年齢を重ねると医師としてのアクティビティが下がる」ためだった、という。

 報告書および記者会見によれば、属性を理由とした点数調整は、平成18年度の入試以降にはすでに行われていた。具体的には、二次試験の小論文において、受験者全員の点数に0.8をかけた後、「現役~2浪男子に20点加点」「3浪男子に10点加点」「4浪男子に0点加点」「女子に0点加点」をしていた。4浪男子および女子受験者は100点満点を取っても80点しか得られなかったことになる。

東京医科大の不正入試「女性差別以外の何者でもない」 内部調査委員会が記者会見のページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事