NEW

精神科医が教える「やっかいな人」の対処法 「知ったかぶり屋」の場合

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『身近にいる「やっかいな人」から身を守る方法』(室崎育美翻訳、レッカー由佳子監修、あさ出版刊)

 不可能なことを要求する上司、知ったかぶりをする友人、無理難題を押しつける顧客……。こうした理不尽な人、やっかいな人が身近にいないだろうか。やっかいな人とうまくコミュニケーションを取るにはどうしたらいいのか。

 『身近にいる「やっかいな人」から身を守る方法』(室崎育美翻訳、レッカー由佳子監修、あさ出版刊)では、FBI の人質解放交渉のトレーナーも務め、精神分析医として有名企業のトップを指導するマーク・ゴールストン氏が、身近にいる「やっかいな人」から身を守る科学的根拠に基づいた具体的な方法を紹介している。

 本書でいう「やっかいな」という言葉の意味は、4つのパターンに当てはまる。

・自分の置かれている状況がわかっていない
・言動や思考の筋が通っていない
・自分にとって最善でない決断をする、またはそのような行動をとる
・まわりの人が理屈で言い聞かせても、どうにもならない

 これらの理不尽な言動に対応するには、まずは相手の異常さを受け入れ、異常な状況に身をゆだねることが大切だと著者。理不尽な人は自分が異常な人として扱われると、その異常な思考にしがみつき、もっと食いついてくる。しかし、相手の理不尽さを受け入れ、その異常な言動に合わせてあげると、状況は一変させることができるという。

 例えば、すべてを知っているような素振りをする、知ったかぶり屋の場合はどうするか。

 知ったかぶり屋に対して、ほとんどの人は防衛的になるか、むっつりする。しかし、この対応では、彼らはますます相手を見下すようになる。なので、まったく逆の手を使う必要がある。

 著者が教える「最善の方法」は、知ったかぶり屋たちの現実に合わせ、流れに身をゆだね、対応することだ。

 つまり、その人は「博識がある」「天才的」などの言葉を使い、とても賢いと賛同する。そのあとに「みな、あなたの才能を高く評価するでしょう。ただし、あなたが人の感情を逆なでしていると、みなあなたの邪魔をしたくなるでしょうね」といったアプローチをすると、知ったかぶり屋の高い自己評価に合い、彼らは批判をさほど難なく受けとめることができるという。

 知ったかぶり屋のエゴを満たしてやればやるほど、彼らはこちらを見下さなくなるのだ。

 仕事であったり、家族であったり、やっかいな人とは付き合っていかなければいけないもの。まずは、やっかいな人に合わせ、受け入れることから始めてみてはどうだろう。やっかいな人との付き合い方も変わってくるはずだ。
(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

精神科医が教える「やっかいな人」の対処法 「知ったかぶり屋」の場合のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、コミュニケーション人間関係会話力の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事