NEW

大学医学部で蔓延、裏口入学と女子合格者数抑制の実態…東京医大、パンドラの箱開ける

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 東京医科大学では裏口入学の問題に続いて、女子受験生の得点を一律に減点していた問題が発覚した。これは東京医大だけの問題なのか、ほかの大学でも行われているのか。有名私立医科大学出身で医学部の内情に詳しい現役医師に話を聞いた。

「今回の文部科学省前局長の佐野太被告の息子は、1次試験から加点されていたと報じられています。こういうかたちでの裏口入学は今ではありません。10年くらい前までは、親が何千万円も出して、開業医の息子が入ってしまうことが確かにありました。けしからんことですが、その親たちは自分の金を払っている。一方、佐野被告は税金を利用したわけです。そういうのは、本当に腹が立ちます」

 今回の裏口入学は、まったく特異なものだったのだろうか。

「1次試験はマークシート方式でコンピュータによって管理されているので、点数を操作するのは難しい。ただ、2次試験の小論文、面接は採点者の主観でどうにでもなるため、そこで手心を加えるということはあるでしょう。そこで80何番目でコネのない人が落ちて、200何番目のコネのある人が入るということはあると思います。その場合、大学側が寄附金をあらかじめもらってどうこうするということはないです。そういうことに対して、今はすごくうるさくなっていますから。

 大学に入ってから、寄附の案内が全学生に届きますが、『その時に協力してくださいね』と暗に頼むわけです。『もう入学しているので、そんなの知らない』と無視することもできますが、これは紳士協定です。入学した子どもの親と理事との信頼関係です。これで表向きは、任意で寄附をしたということになるわけです。一時期に払うのではなくて、『6年間で払ってほしい』という感じで頼んだりしています。

 私立医科大学は開業医の息子などが多いので、親もそのくらいの金は払いますよね。ただ、1次試験は実力で通らなければならないので、成績が悪いのに金で入れたというのは、今はないんです。今、どんな医科大学でも入学するのはものすごく難しい。埼玉医大、帝京大学、杏林大学あたりは、昔は偏差値50くらいでしたが、今は65くらいまで上がっています。2浪くらいざらですよ」

女子合格者の抑制問題


 では、女子受験生の得点を一律に減点するということは、ほかの大学でも行われているのだろうか。

大学医学部で蔓延、裏口入学と女子合格者数抑制の実態…東京医大、パンドラの箱開けるのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、女子受験生東京医科大学裏口入学の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事