NEW
西川立一「流通戦争最前線」

JR大阪駅ビルの巨大イートインスペースが圧巻…多彩なショップ、超充実の品揃え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キッチン&マーケット

 昨年から今年にかけてスーパーマーケットで飲食ゾーンの導入が、食品売場と融合するかたちで急速に進んでいる。米国発祥のグロサリー(食品)とレストランを組み合わせた造語で「グローサラント」と呼ばれ、その場で食べる「即食」需要の取り込みを狙った新たな取り組みだ。

 昨年8月にオープンしたイタリア食材専門店「イータリーグランスタ丸の内店」では、本格的なイタリアンを提供する80席のレストランと、その場で焼き上げるピッツアや生ハム、チーズ、ワインを気軽に楽しむことができる30席のイートインスペースを併設した。

 高級スーパーの成城石井も、昨年9月に京王線調布駅の駅ビル「トリエ京王調布」に出店した店舗で、42席の「SEIJO ISHII STYLE DELI&CAFÉ(成城石井スタイルデリ&カフェ)」を展開、ハンバーガー、パスタ、ステーキなどをワイン、コーヒーといったドリンクメニューとともに提供している。レストランで使用する食材や調味料について、売場でも販売しているアイテムはその旨を表示し、レシピも配布し家庭でもその味を再現できるようにし、購入につなげていく狙いだ。

 流通大手のイオンでも、イートインスペースを設け、「できたてを、おいしさを、楽しむ、その場で食べる」という「ここdeデリ」を提唱し、生鮮売場で販売する商品を使った海鮮丼「魚魚彩(ととさい)」「ガブリングステーキ」をはじめ、パスタショップやサンドイッチショップなど次々と新しい専門ショップを開発、取り組みに力を入れている。

 そして今春、「フードホール」という新手が登場した。米国発のイートインスペースで、ファストフード感覚の手軽に利用できるフードコートとは異なり、より高級なイメージを打ち出し、本格的な食事も楽しめる。ニューヨークでは前述した「イータリー」をはじめ、高級ホテルにも設けられ、人気スポットとなっている。

LUCUA FOOD HALL


 日本では今年4月、JR大阪駅の駅ビル「LUCUA osaca(ルクア大阪)」に、「LUCUA FOOD HALL(ルクアフードホール)がオープンした。開発したJR西日本SC開発によると、デパ地下でもない、フードコートでもない、マルシェとレストランが融合した次世代型の新しい食エリア。本家の米国版を進化させたジャパニーズバージョンだ。地下2階の約860坪に、スーパーマーケットの阪急オアシスの新業態「キッチン&マーケット」を核テナントに、テイクアウトも可能なレストラン6店舗とカフェ3店舗が出店している。

 注目はなんと言っても「キッチン&マーケット」。肉、野菜、魚などの食材や惣菜、加工食品を購入する物販エリアと、その場で食べることができるダイニングエリアを融合させた売場となっている。

 イートインスペースは300席、エスプレッソ、ワイン、パスタ、生ハムなどを提供するインショップで構成するイタリアンフードマーケット「メルカ」、野菜、肉、魚など生鮮食材を提供する「フレッシュガーデンエリア」、ソフトドリンクやアルコールを提供するイートインスペース「ミート&イートスクエア」など7つのゾーンに分かれている。

JR大阪駅ビルの巨大イートインスペースが圧巻…多彩なショップ、超充実の品揃えのページです。ビジネスジャーナルは、連載、JR大阪駅イートインスペーススーパーマーケットの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事