NEW
成馬零一「ドラマ探訪記」

NHK『透明なゆりかご』は今期No.1ドラマだ…出産と中絶をめぐり逃げ場のない問いを突きつける

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 安達は月9(フジテレビ系月曜21時枠)の『大切なことはすべて君が教えてくれた』『リッチマン、プアウーマン』『失恋ショコラティエ』といった作品で知られる脚本家。NHK BSでは『その男、意識高い系。』『ふれなばおちん』を担当しており、NHKの地上波ドラマは初登板となった。

 月9では、フジテレビが得意とする仕事と恋愛を描いたエンタメ色の強い作品を書くことが多かったが、その節々に文学的というか、人間の生き方に対してストイックで予定調和を許さないシリアスな作家性が見え隠れしていたのが、安達作品の特色だった。その文学的な側面は、時に人を傷つける毒っ気の強いものだったが、「そういった安達の強烈な作家性が全面開花したら、とんでもない作品を書けるのではないか」と思っていた。

 命や母性というテーマが全面に打ち出された『透明なゆりかご』を書く安達の筆は実に冴え渡っていて、エンタメ色の強い月9作品とは違った新しい魅力が世の中に伝わるのではないかと思う。

清原果耶×安達奈緒子の朝ドラに期待


 最後に、NHKの連続ドラマは、民放で活躍する脚本家が起用された場合、後に同じ番組スタッフで朝ドラをつくることになるケースが多い。現在放送中の『半分、青い。』の北川悦吏子も、『透明なゆりかご』と同じ枠で2016年に『運命に、似た恋』という連続ドラマを書いており、同作に出演した原田知世や斎藤工が『半分、青い。』では重要人物として出演している。

 本作の圧倒的な完成度を見ていると、清原果耶主演、安達奈緒子脚本の朝ドラが見たくなる。少し気が早いかもしれないが、いつか実現するのではないかと期待している。
(文=成馬零一/ライター、ドラマ評論家)

NHK『透明なゆりかご』は今期No.1ドラマだ…出産と中絶をめぐり逃げ場のない問いを突きつけるのページです。ビジネスジャーナルは、連載、NHKドラマ出産清原果耶透明なゆりかごの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事