NEW

日大チア部の監督によるパワハラ問題、独裁体質による構造問題いっそう浮き彫りに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

日大チア部の監督によるパワハラ問題、独裁体質による構造問題いっそう浮き彫りにの画像1
日本大学公式webサイトより

 今年5月にアメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、体育会含む学校組織の構造にまで大々的な批判を浴びた日本大学。今度はチアリーディング競技を行う応援リーダー部の女性監督による女子部員へのパワハラが発覚した。8月9日の毎日新聞が報じている。

 毎日新聞によると、2011年頃まで同部に在籍していた「OG」の監督は2015年度より同部監督に就任。今年2月5日、監督は特定の部員を名指しし「大雪の日に事務員に頼んで練習をなくそうとした」と事実でないことで叱責したという。

<この前後にも、部員が強豪である出身高校のジャージーをはいていたことを見とがめ「学校の恥。今すぐ脱げ」と怒ったほか、けがからの復帰が遅れているのをうそだと疑い大会に出場させようとした>

 部員は<他の部員からも責められて自殺を考えるほど追い詰められ、大学に通えなく>なり、適応障害と診断されたという。

日大チア部の監督によるパワハラ問題、独裁体質による構造問題いっそう浮き彫りにのページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事