NEW

明石家さんま、必死の「流行りに敏感アピール」に業界内で「痛々しい」との声も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
明石家さんま
「死後硬直」――明石家さんまは、自らの現状をそう評した。8月5日、木村拓哉がパーソナリティを務める新ラジオ番組『Flow』(TOKYO FM)にゲスト出演したときの言葉である。


「現在63歳のさんまは、かねて『60歳で引退する』と語っていました。しかし、爆笑問題の太田光に『今辞めたらかっこよすぎる』と引き留められたことを同番組で明かしました。その上で、翻意した現状を『死後硬直が3年続いてるって感じ』と自虐的に語り、木村から『硬直なのに、こんなに動いてしゃべるんですか』と驚かれていました」(芸能記者)

 さんまは、3カ月近く前にも似たような発言をしている。5月26日に放送された『さんま&女芸人お泊まり会』(フジテレビ系)で、大久保佳代子が「さんまさん、あと何年売れる?」と質問すると、「俺はもう終わってるよ。自分では終わってると思ってる。もうこの年齢やし」と答えたのだ。

 さんまの意外な本音に、いとうあさこが「終わってはないですよ!」と驚き、大久保も「数字も取れるし、絶対的におもしろいっていうのもあるし」と称賛していたが、さんまは本当に終わっていないのだろうか。テレビ局関係者は「終わってはいないが、少し気になる部分はある」と指摘する。

「まず、流行についていくことができているかどうか。以前、日頃から親しくしているヒロミが『ベテランの芸人の中で携帯電話やLINEをバリバリ使いこなしている人間は、さんまさんしかいない』ということを言っていました。また、欅坂46のメンバーが『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演したときは、必ず『サイレントマジョリティー』の振りを披露しています。同世代の芸能人のなかでも、これだけ流行についていけているのは、さんまぐらいでしょう。

 しかし、やはりトレンドをリアルタイムで自然に取り入れるのは難しいようです。7月24日の『さんま御殿』で兄弟芸人のミキがE-girlsのライブに行ったときのエピソードを話し始めると、さんまは『E-girlsかぁ。“おっおっおっ”やろ!』とヒット曲『Follow Me』の振りを再現しました。兄の昴生が『時代についていっていますねー!』とヨイショしていましたが、この曲がリリースされたのは、もう6年前。確かに代表曲ではありますが、必死についていっている感が痛々しいのは否めないのが実情です」(テレビ局関係者)

 そもそも、さんまが流行に敏感になったのは漫画『ドラゴンボール』(集英社)がきっかけだといわれている。それまで「かめはめ波」ぐらいしか知らなかったさんまは、10年ほど前に若手芸人が「ピッコロみたい」などと仲間を『ドラゴンボール』のキャラに例えるのを見て「なんのこと言うとんのかな」と対応できなかったという。

 あとで、それが『ドラゴンボール』のキャラだと知ったさんまは「読んどかなあかんな」と危機感を抱き、次長課長の井上聡に全巻用意してもらって読み始めたというのだ。その努力には恐れ入るが、やはり移り変わりの激しい流行り廃りのすべてを把握するのは難しいのかもしれない。

明石家さんま、必死の「流行りに敏感アピール」に業界内で「痛々しい」との声ものページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ダウンタウン明石家さんま流行の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事