NEW
宮永博史「世界一わかりやすいビジネスの教科書」

あの超高収益企業が、「前代未聞の働き方改革」で驚異的成果を実現していた

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ディスコ HP」より

 日本という国は、どうも熱しやすく冷めやすい国民性のようだ。ブームが来たかと思うと、1年後には別のものに熱中していたりする。そうした性格が企業の業績を押し上げる場合もあるが、その一方で、ブームが去ったあとに在庫の山だけが残るということにもなりかねない。企業としては注意が必要だ。

 今騒がれている「働き方改革」も一過性のブームに終わらないか心配だ。働き方というのは企業も個人も永遠に向き合わなければならない本質的な課題で、決して一過性のものではない。

 世の中が「働き方改革」と騒ぐ前から、それを実現してきている会社がある。半導体ウェハーを切断する装置で世界シェア8割を誇るディスコという会社だ。

いい管理会計/わるい管理会計


 ディスコの2017年度決算(2018年3月期)をみてみよう。売上高は1,673億円と5期連続で過去最高を記録している。営業利益509億円、営業利益率に到ってはなんと「30.5%」だ。これは、国内はもちろん、世界の製造業のなかでもトップレベルの数値といってよい。

 なぜ、このような好業績を残せているのだろうか。半導体業界の好業績に支えられている面もあろう。あるいは、ディスコが磨いている技術力と、そこから実現される製品力が優れているためであろう。しかし、それだけではない。正確にいうと、そうした優れた製品を生み出すための経営の仕組みにあると思う。それが、WILL会計と呼ぶ独自の管理会計だ。

 普通、管理会計と聞くだけで、ノルマを課されるいやな仕組みだと思うかもしれない。実際、顧客訪問件数、特許出願件数などのノルマや、あまり意味があるとは思えない経費削減のプレッシャーで苦い思いをした読者も多いと思う。

 ところが、ディスコのWILL会計は違う。社員が働きやすく、かつ会社の業績もよくなる仕組みなのだ。まさに真の働き方改革といってよい。

痛み課金とWILL報奨


 2003年、ディスコはWILL会計という独自の管理会計制度を導入した。その源流は京セラのアメーバ経営だが、ディスコは独自にアレンジし、部門間の「喜怒哀楽」を罰金と報奨でやりとりする制度に昇華させ、進化させ続けている。その象徴が「痛み課金」と「WILL報奨」だ。

 痛み課金とは、他部署に迷惑をかけた場合の罰金制度だ。たとえば、売れ筋の装置でキャンセルや納期変更が発生した場合、営業部門は製造部門に製品価格の一部を「違約金」として支払う。出張旅費の精算が15日以上遅れた場合、その社員の所属ユニットは経理部門に1日につき15万円の延滞金を支払う、といった具合だ。

あの超高収益企業が、「前代未聞の働き方改革」で驚異的成果を実現していたのページです。ビジネスジャーナルは、連載、ディスコ働き方改革半導体業界の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事