NEW

ビートたけし、離婚を話し合いか…愛人の影響で「お金にうるさくなった」との声も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビートたけし

 9月8~9日放送の『FNS 27時間テレビ』(フジテレビ系)で2年連続となる司会を務めるなど、相変わらずテレビに引っ張りだこのビートたけし。事務所独立後も芸能活動は絶好調だが、“古巣”の前事務所、オフィス北野は厳しい状況に陥っているようだ。

「オフィス北野の看板俳優だった寺島進が11月末に退社することがすでに発表されていますが、森昌行社長も年内をメドに事務所を去ることになりそうです。今年3月に表面化した独立騒動の際には、つまみ枝豆やダンカン、水道橋博士といったたけし軍団の面々から総攻撃された森社長は、もう事務所の経営やタレントのマネジメントには興味をなくし、最後まで軍団との溝は埋まりませんでした。そんななか、寺島は唯一と言っていい森社長の理解者だったのですが、その寺島も退社が決まったことで森さんが残る理由はなくなりました」(芸能事務所関係者)

 そんなオフィス北野だが、残ったたけし軍団の面々はどうやって食べていくのか。

「たけしは現在、愛人のAさんと立ち上げた新事務所T.Nゴン所属ですが、将来的には今オフィス北野に残っているメンバーたちを受け入れる気持ちはあるようですが、やはりどうなるかは、わからない状況ですね」と語るのは、元オフィス北野関係者だ。

「たけし軍団がT.Nゴンに合流できるかどうかのカギは、Aさんが握っています。というのも、たけしさんがこれまで付き合ってきた愛人は決して仕事のことに口を挟まなかったんですが、Aさんは細かく口を出してくる。それを、たけしさんも受け入れている状況です。つまり、軍団を入れるか入れないかはAさん次第となるのですが、お金にシビアなAさんがたけし軍団を引き入れるとは到底思えません」

 そんなAさんの影響を受けてか、たけしにもある変化がみられるという。

「最近、やたらと『ギャラが』『儲かった』などという話をするようで、以前のたけしさんでは考えられなかったくらいお金にうるさくなった、といわれています。独立後早々にファッションブランドをプロデュースしたりもしていますしね。今月の『FNS 27時間テレビ』の会見でも『27時間テレビの名誉顧問になって、ギャラは遺族に。利権で稼ぎたい』などとコメントしていましたが、それはギャクでもあり本音でもあるのでしょう。とにかく今のたけしさんはカネが必要なのです」(同)

 おカネが必要になった理由のひとつが、妻である幹子夫人との離婚問題だという。

「現在、幹子夫人とは離婚に向けて話し合っている最中と聞いています。もちろんその先にあるのはAさんとの再婚です。それらにかかるおカネのためにも、Aさんからハッパをかけられているのかもしれません」(同)

 Aさんが“殿”の正妻に収まる日が来るのだろうか。
(文=編集部)

ビートたけし、離婚を話し合いか…愛人の影響で「お金にうるさくなった」との声ものページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、オフィス北野ビートたけし寺島進の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事