NEW

介護現場で横行するセクハラ・パワハラ被害「触られるうちが華」 利用者も事業者もおかしな「常識」を持っている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

介護現場で横行するセクハラ・パワハラ被害「触られるうちが華」 利用者も事業者もおかしな「常識」を持っているの画像1
Thinstock/Photo by vadimguzhva

 今年、財務省官僚による「セクハラ」行為が顕在化し、同時に日大アメフト部による「パワハラ」案件なども露呈したことで、水面下で深刻化していた問題が、ようやく社会で明るみとなった。介護業界でも長い間、「セクハラ」「パワハラ」問題が存在していた。職員研修は実施されていたが、利用者と介護士という関係上、被害者側も委縮してしまい真に社会では受け止められていなかった。その意味では、世の中の流れはいい方向へと動き出しているといえよう。

 現在の深刻な介護人材不足問題は「セクハラ」「パワハラ」と絡んでいる。せっかく介護の仕事に就いたとしても「セクハラ」「パワハラ」の被害に遭い、「介護離職」となってしまうケースが少なくないからだ。

 厚労省のデータによれば(厚労省社会保障審議会介護給付費分科会『介護人材確保対策(参考資料)』2017年8月23日)、2015年度の介護職員の離職率は16.5%であったのに対して、産業全体では15.0%となっている。産業全体の離職率は、飲食業や建設業などといったように雇用の流動化が顕著な分野も含んでのデータであるため、介護職員の離職率のみで16.5%という数値はかなり高いといえる。

介護現場で横行するセクハラ・パワハラ被害「触られるうちが華」 利用者も事業者もおかしな「常識」を持っているのページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事