NEW

最上もが、「交際経験ゼロ」発言に疑問…元仮面ライダー俳優と麻布のバーで目撃談

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 元でんぱ組.incのメンバーでタレントの最上もがが15日、KDDIの電子書籍サービス「ブックパス」の「ぺちゃくちゃ書店」キャンペーンイベントに出席した。

 でんぱ組を脱退して1年、最近はソロ活動も落ち着いてきたと話すが、アイドル時代は「毎日休みがなくて、突っ走るしかない感じだった。続けるというよりも、お仕事がくるので、それに応えないといけなくて、休みができても病院でメンテナンスするという状態でした」と当時の苦悩を語った。

 漫画好きな最上はインドア派で、漫画の単行本を読むのが好きだったといい、ひとり暮らしでの寂しさを紛らわす方法などを話したが、最近は「恋人が欲しい」と思うようになったと告白した。

 アイドル時代は年齢不詳で活動してきた最上だが、脱退してからは年齢を公表。20代後半ということを世間も冷静に受け止めた。

「でんぱ組の他のメンバーとは常に距離があり、居場所がなかったと話していました。オタク女子が集まったグループではありましたが、彼女は篭るタイプの典型的ゲーマー女子だったので、脱退までメンバーに心を開くことがなかったように思います」(週刊誌記者)

 最上には業界にファンも多く、俳優の山田孝之、お笑いタレントの徳井義実(チュートリアル)なども最上ファンを公言しているが、これまで名を連ねる。そんな最上だが、昨年10月放送のテレビ番組『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)で異性との交際経験がないと語ったが、ある業界関係者はこう話す。

「でんぱ組に所属していた時代に、もがちゃんが元“仮面ライダー俳優”と麻布のバーでイチャイチャしてましたけどね。その時は店内で体を近づけたり、相手の俳優さんなんてテンションが上がって上半身裸でしたけど、『もがちゃんも遊んでるんだな』という印象を受けました」

 その俳優と最上はしばらくすると店をあとにしたという。

「芸能人がよくツーショットなどを撮られますが、“交際”と書かずに“デート”などという言葉で書かれている時は、ワケありな関係ということです。男女の芸能人同士で付き合ってはいないけれど、自宅で朝まで一緒に過ごすなんてことはザラですよ」

 前出イベントでは好みの男性について「心の拠り所みたいな支えてくれる人が欲しい。よく話してくれて、こまめに連絡をくれる人がいいですね」と話した最上だが、早くそんな理想の人と出会うことを願うばかりである。
(文=編集部)

最上もが、「交際経験ゼロ」発言に疑問…元仮面ライダー俳優と麻布のバーで目撃談のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、でんぱ組仮面ライダー最上もがの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事