NEW

大塚家具・久美子社長の「家具屋姫」バッシングは「悪い娘」への報いなのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン〜wezzyより】

大塚家具・久美子社長の「家具屋姫」バッシングは「悪い娘」への報いなのかの画像1
大塚久美子 公式Twitterより

 大手家具販売会社・大塚家具がいよいよ崖っぷちの状況だ。今年8月14日の中間決算では20億の赤字を計上し、3年連続で赤字が続いている。大塚家具といえば、現社長の大塚久美子氏(50)と、彼女の父で前社長の大塚勝久氏(75)が繰り広げたお家騒動が世間を騒がせた。あれから3年、分裂後の経営苦境を受けていまや久美子氏は「ダメな二世経営者の末路」「家具屋姫の大暴走」と集中砲火を浴びている。

 1969年に創業した大塚家具は、創業社長の勝久氏のもと、会員制の高級家具店として成長する。しかし近年はIKEAやニトリなど低価価格帯の家具メーカーの台頭によって売上が低迷。2009年の時点で、すでに14.5億円の赤字に落ち込んでいた。

 これを受けて2009年に父・勝久氏から経営を引き継いだ久美子氏は、中価格帯やリユース品の取り扱いに乗り出すビジネスモデルの転換を提案する。しかし、当時会長職に就いていた勝久氏はこれに猛反発。2014年には久美子氏を解任し、自ら会長兼社長として経営に携わるに至った。しかし2015年の取締役会にて、再び久美子氏の社長就任が決定。するとまたもやこの人事に勝久氏が反発し、親子の対立は深刻化する。

大塚家具・久美子社長の「家具屋姫」バッシングは「悪い娘」への報いなのかのページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事