NEW

『かみさまは小学5年生』に見る、大人の期待に必死で答えようとする子どもの痛々しさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

『かみさまは小学5年生』に見る、大人の期待に必死で答えようとする子どもの痛々しさの画像1
『かみさまは小学5年生』(サンマーク出版)

「子どもは空の上で親を選んで生まれてくる」「精子、卵子、胎児の頃から記憶がある」。そう主張する〈胎内記憶〉は、産婦人科医・池川明氏によって布教されているトンデモです。

 さまざまなメディアで発信される胎内記憶解説には、<虐待する親や障がいも子どもが自ら選んでいる>という暴力レベルの呆れたお説も……(過去記事ご参照:ファンタジックな世界観で謳う「親子の絆」が暴力になるとき。胎内記憶の罪を医師が解き明かす) 。それにも関わらず、地味に広がり続けている気味の悪い物件です。

 そんな広がりの中、また新たにズバ抜けて酷いものが登場していました。自称<かみさま>という小学生すみれちゃんの語りで構成された、『かみさまは小学5年生』(サンマーク出版)です。出版元の編集者岸田健児氏のFacebookには、8月の時点で20万部突破との報告がアップされています。

 すみれちゃんとは、胎内記憶映画『かみさまとのやくそく』(過去記事ご参照:「胎内記憶はありまぁす!」派に感じる違和感…。全力でツッコみます。)に出演し、その世界で一挙有名になったという小学生です。同書で紹介されるプロフィールは、将来の夢「歌う助産師」(助産師の存在知っている小学生、すげー)、好きな授業は「道徳」。空の上では「2番目の神様」をやっていた。お話できる相手は人間、かみさま、妖精、宇宙人、薄い人(幽霊)、おなかの中のあかちゃん、石や物。オーラや前世も見られる。

『かみさまは小学5年生』に見る、大人の期待に必死で答えようとする子どもの痛々しさのページです。ビジネスジャーナルは、IT、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事