NEW

平愛梨が言及した日本の子育て環境の息苦しさに猛バッシング、子連れはやっぱり「迷惑」?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

平愛梨が言及した日本の子育て環境の息苦しさに猛バッシング、子連れはやっぱり「迷惑」?の画像1
平愛梨オフィシャルブログより

 平愛梨(33)が8月28日、サッカーワールドカップに沸いた6月以来およそ2カ月ぶりに更新したブログで、トルコと日本の子育て環境の違いに対する戸惑いを明かした。

 2017年にサッカー日本代表で海外のチームに所属する長友佑都(31)と結婚した平愛梨は、今年2月、イタリア・ミラノで第一子となる長男を出産。3月には夫の移籍に伴いトルコに移り、5月末からは日本に滞在し、そして8月中旬に再びトルコに戻って生活。生後間もない0歳児を連れて幾度も生活拠点を変えるのは、客観的に見て大変そうな話だ。

 だが、トルコでの子育ては順調のようだ。むしろ日本滞在中のほうが、子育て環境が狭く閉ざされており、苦しい側面があったのかもしれない。8月28日のブログで平愛梨は、次のように綴った。

<子どもが誕生して約3ヶ月間海外生活だった私は日本で過ごした夏の3ヶ月間の環境の違いに戸惑うこともありました。>
<子どもに対するルールが全く違うこと!>
<トルコは時間に関係なく、基本子どもはどこの場所へ連れて行くことも許される。 ジムやカフェ、デパート、飲食店など。行けば居合わせた人や店員さんまでもが近寄ってくれて子どもを抱き上げてくれたりあやしてくれます!>
<でも日本では子どもが行ける場所は限られてしまい、ジムや少しの時間のカフェもご遠慮ということでした…。>

 時間・場所を問わず子どもを受け入れるトルコと、子連れで行ける場所が限られてしまう日本との違いに、困惑していたようだ。

平愛梨が言及した日本の子育て環境の息苦しさに猛バッシング、子連れはやっぱり「迷惑」?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事