NEW

内村光良、テレ朝復帰を阻む障害…妻・徳永有美の『報ステ』復帰でも困難な事情

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
内村光良(ウッチャンナンチャン)

 10月から『報道ステーション』(テレビ朝日系)のサブキャスターに就任することが決まった、フリーアナウンサーの徳永有美。

 かつてはテレ朝の看板アナとして活躍し、退社する2005年まで『報ステ』のスポーツコーナーに出演していた実力派だ。しかし、今回の抜擢には、テレ朝内外で「なぜ?」という疑問の声が広がっている。現在の夫である内村光良(ウッチャンナンチャン)とは泥沼不倫の末に結婚し、それがテレ朝退社の原因にもなったからだ。

「徳永は、テレ朝社員であるA氏と職場結婚していましたが、当時徳永がアシスタントを務めていた同局の『内村プロデュース』で知り合った内村と不倫関係になりました。それを週刊誌に報じられ、A氏と裁判で揉める事態となり、徳永は全財産を投げ打つ格好で離婚したともいわれています。その結果、徳永と内村は世間の主婦を敵に回してしまい、徳永は当時出演していたワイドショーを降板。内村も人気が低迷し、以降、テレ朝には事実上の出入り禁止状態になってしまいました」(スポーツ紙記者)

 そんな徳永をあえて起用するテレ朝の真意はどこにあるのか。その理由のひとつとして、テレ朝は徳永の夫である内村との「関係修復」を狙っている、と報じる週刊誌もある。しかし、それには難しい側面があるようだ

 テレ朝現役社員は、次のように語る。

「一部で内村が“テレ朝出禁”と伝えられていますが、確かにかつては徳永との問題で“ウチの番組に出演はならぬ”みたいな雰囲気はありましたが、実際は当時、内村の人気が低迷していたこともあって積極的にオファーしなかっただけです。さらに、騒動のすぐ後に日本テレビで『世界の果てまでイッテQ!』が始まり大ブレイクしたこともあって、起用するタイミングがありませんでした」

 そんなすれ違いもあり、内村とテレ朝は疎遠な状態が続いていたが、今回の徳永起用で内村メインの番組をつくりたいという機運がテレ朝局内で高まっているという。だが、大きな壁が立ちはだかっているという。

「その理由は、なんといってもおカネ。ギャラです。現在、内村のギャラは1本150万円ともいわれていますが、テレ朝は最近、ますます制作費を削減しており、タレントにギャラとして払えるおカネが多くはありません。なるべくギャラの低いタレントを使うか、もしくは局アナを使う方向にシフトしています。もちろん、徳永の件で内村サイドがかなりの安値で受けてくれれば可能性はありますが、今のテレ朝のギャラではまず難しいと思いますね」(同)

 いまや日本を代表するタレントのひとりとなったウッチャンを口説くのは、今のテレ朝には難しいかもしれない。
(文=編集部)

内村光良、テレ朝復帰を阻む障害…妻・徳永有美の『報ステ』復帰でも困難な事情のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、テレビ朝日内村光良報道ステーション徳永有美の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事