NEW
山田まさる「一緒に考えよう! 超PR的マーケティング講座」

屋内の熱中症死亡、7割がエアコン非使用…今こそ空調業界は「絡んでなんぼのPR」を

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 記事タイトルの通り、今回はPRの話である。

「絡む(からむ)」

 この言葉、もともとは「まとわりつく」とか、「いいがかりをつける」とか、あんまりいい意味では使われない言葉だったように思うのだが、いつの頃からかテレビで芸人さんたちが、相方や共演者を「絡みやすい」「絡みづらい」と評したところから、コミュニケーションの取りやすさ・親しみやすさを評する言葉として、便利に使われるようになってきた。「絡みづらいわ~」と関西弁で冗談っぽく表現できるのがいいところなのだろう。

 インターネットで関連ワードを検索すると、「絡みづらいと言われてしまうアナタの特徴4つ」「マジで絡みづらい!と男性が悶絶する不思議ちゃん9パターン」などと、もはや「絡む」は、良好な人間関係や恋愛成就の秘訣のようだ。これは企業にも当てはまる話だろう。

ニクレンジャー(出典:吉野家の公式ツイッターアカウント)

 最近ツイッターで話題になった、外食企業、特にお肉にかかわる5社が作・演出した「ニクレンジャー」。「外食産業は競合ではなく、共創しながら盛り上げていきたい」という思いから吉野家が声をあげた企画だ。呼びかけにまずガストが応え、ケンタッキーフライドチキンが乗っかり、続いてモスバーガー、最後は発起人の競合である松屋までが加わった。かくして、外食戦隊「ニクレンジャー」が出来上がったというお話。各社のSNS担当、いわゆる中の人が企画したPRなのだが、PRとは、パブリック(公)とのリレーションズ(関係構築)であり、絡んでなんぼの世界である。まさに、そのことがよくわかる好例だろう。

「これで売れたの?」とか「店頭での刈り取りは?」などと、無粋な突っ込みを入れる必要はない。ツイッターという場に限って、評判と好感を獲得することに的を絞り、アイデア勝負でチャレンジしてみた。その成果としては十分ではないだろうか。

 このニクレンジャーは、企業が積極的に短期的に絡んだ事例だとすれば、逆に、もう少し長い目で見て、広く世の中と絡んでいくケースについても考えてみたい。

エアコンのつけっぱなし運転は理にかなっている?


 今年は、観測史上の記録を塗り替える猛暑である。8月5日までに熱中症で救急搬送された方の数は7万1,266人で、2017年合計の5万2,984人をすでに大きく上回っている。気象庁は熱中症予防の対策として、水分や塩分の補給、エアコンの適切な利用を呼び掛けている。

 しかし、東京都福祉保健局の発表した昨夏のデータによると、熱中症により屋内で亡くなった方の71%がエアコンを使用していなかったそうだ。特に高齢者は、エアコンなんて贅沢、使わなくても私は平気と本気で思いこんでいらっしゃる方がいると聞く。エアコンは贅沢品ではない、いまや身を守るインフラである。このような方々、特に高齢者へ向けて、空調業界全体でエアコンの利用を呼びかけてはどうだろうか。



 というのも、筆者自身が長年お付き合いしている空調メーカーのダイキン工業、以前もこのコラムで「金鳥とダイキンと日本の夏」というテーマで取り上げたが、2016年にダイキン工業はエアコンの電気代に関する実証実験を行っている。「つけっぱなし運転」と「小まめに入り切り運転」のどちらが、どのくらい電気代を消費するのかという疑問を解消するためのものだ。その結果では、条件つきながら「つけっぱなし運転」のほうが電気の消費量が大きいことがわかった。ただし、その差は数十円であった。

屋内の熱中症死亡、7割がエアコン非使用…今こそ空調業界は「絡んでなんぼのPR」をのページです。ビジネスジャーナルは、連載、エアコンダイキン熱中症の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事