NEW

NHK『みんなで筋肉体操』が「攻めすぎ」とネット大爆笑…効果的な筋トレ実演の絵面が秀逸

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『みんなで筋肉体操』公式サイトより

 娯楽が多様化した昨今、テレビの話題性も昔より低迷している様子だ。インターネット上には「昔のテレビ番組のほうが尖っていて面白かった」という声が多数上がっており、自主規制で“マイルド化”したテレビ業界の現状を嘆く声も少なくない。しかし、8月27日から4夜連続で放送されている『みんなで筋肉体操』(NHK)は、独自の世界観が反響を呼び、視聴者からは「かなり攻めてる内容だな」といった評価の声が続出している。

 同番組は、筋肉指導員と3人のイケメンインストラクターが、効果的な筋トレ法を実演していく、いわゆる「健康番組」だ。放送時間はわずか5分だが、最新の理論に裏打ちされたテクニックがたっぷりと、濃厚に紹介されていく。これまで3回の放送では、「腕立て伏せ」「腹筋」「スクワット」といった定番トレーニングが特集された。30日夜は「背筋」がテーマだ。また、見逃した人も、公式サイトで動画を見ることができる。

 番組の流れとしては、筋肉指導員・谷本道哉氏がトレーニング内容を紹介し、3つに分かれたステージ上に筋骨隆々なインストラクターが登場。リズミカルなBGMに合わせて、ひたすら筋トレに励む姿が映り、要所要所でトレーニングの重要なポイントも紹介されていく。仕上げに谷本が、「筋肉は裏切らない!」という台詞で締めるのがお決まりの流れ。

 特にイケメンたちが黙々とトレーニングを続ける絵面のおもしろさが注目されているが、「インストラクターのキャラが立ちすぎていて笑う」という声も多い。

 インストラクターには俳優・武田真治をはじめとして、日本に帰化したスウェーデン生まれの庭師・村雨辰剛といった異色の経歴を持つイケメンも登場。東京大学卒の新人弁護士にしてコスプレイヤー・小林航太も参加しており、視聴者からは「インストラクター全員、経歴を詰め込みすぎ」「全員そこまで筋肉使わない職業のはずなのに、無駄にマッチョすぎる」「とことん攻めてるところが、さすがのNHK」といった反響が上がっている。

 かつては、お堅いイメージの強かったNHKだが、近年はこの『筋肉体操』のように“攻めの姿勢”をとった番組が放送されるケースも多数。

 たとえば、2016年からの不定期放送番組『香川照之の昆虫すごいぜ!』では、カマキリの着ぐるみを着た俳優・香川照之が昆虫の魅力を熱く語るシュールな番組。巨大なカマキリとなった香川が昆虫を捕まえに草むらを駆け巡るシーンも毎回登場し、絵面のインパクトが話題となった。

 また「障害者のためのバラエティー番組」と銘打たれた『バリバラ~障害者情報バラエティー~』も、日本のテレビ番組で類を見なかったコンセプトが注目を浴びている。

 8月26日の放送回では「障害者はテレビを救う」というテーマの下、テレビ番組で使用される手話・字幕放送の問題点について切り込んでいった。奇しくも同日は、障害者を見せしめにするような番組起用が疑問視されている『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)の放送日。視聴者からは、『24時間テレビ』を真っ向から皮肉ったテーマ名と内容が“攻めの姿勢”と評価されたようだ。

 教育番組としての要素も残しつつ、尖った内容を取り込んでいるNHK。これからも攻めの姿勢を継続してほしいものだ。
(文=編集部)

NHK『みんなで筋肉体操』が「攻めすぎ」とネット大爆笑…効果的な筋トレ実演の絵面が秀逸のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、NHKみんなで筋肉体操バリバラ武田真治の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事