NEW

なぜ乃木坂46には、かわいい女性ファンが多いのか?今の成功はAKBのおかげである

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
乃木坂46の公式サイトより

 2011年8月に秋元康氏のプロデュースによって結成された女性アイドルグループ・乃木坂46。2005年12月に発足したAKB48の公式ライバルという位置づけだが、最近の勢いでは乃木坂46のほうが上回っているといっていいだろう。

 一つの指標として、今年のオリコン上半期ランキングでは、アーティスト別セールス部門で自身初となる首位を獲得。シングル部門の1位こそAKB48の『Teacher Teacher』に譲ったが(2位は乃木坂46の『シンクロニシティ』)、昨年12月25日から今年の6月18日までという集計期間内に、なんと乃木坂46は56億円もの音楽ソフト(シングル、アルバム、ミュージックDVD、ミュージックBlu-ray Disc)を売り上げているのだ。

 昨年11月の東京ドーム公演では、平日にもかかわらず2日間で10万人を動員しており、チケットには55万件の応募があったという。ライブや握手会などのイベントレポートを見ると、乃木坂46のファン層は男性ばかりではなく、メンバーと同世代で容姿端麗な若い女性の姿も目立つようだ。

 一般的には「女性アイドルに熱中するのは男性」「男性アイドルに熱中するのは女性」というイメージが強いが、なぜ乃木坂46は女性からも支持されているのか。アイドル専門ライターであり、著書・共著に『グループアイドル進化論』(マイナビ出版)や『AKB48最強考察』(晋遊舎)などを持つ、岡島紳士氏に話を聞いた。

一部メンバーがファッション誌の専属モデル、メディア露出が強み


「まず、乃木坂46ファンのなかで女性の割合が多いか、少ないかという判断は主観的なものになってしまいますし、ライブに参加する人だけがファンというわけではありませんから、実際の男女比を推定するのは困難です。

 ただ、乃木坂46ほどヒットしているグループになると、女性ファンの数も必然的に多くなりますし、『ファンは男性ばかり』という印象には見えにくいでしょう。ライブには行かないけれども、メンバーが出演するテレビ番組はチェックしているといったライトなファン層まで含めれば、一般のタレントのファンの男女比までとは言わずとも、それに近づいていく傾向はあると思います。

 そうしたなかで乃木坂46の特徴として考えられるのは、10~20代向けの女性ファッション誌の専属モデルを務めているメンバーが、多数在籍していることです。つまり、同世代の女性たちから、理想とするファッションモデルの一人として見られているメンバーも少なくないのではないでしょうか」(岡島氏)

 例を挙げると、乃木坂46の齋藤飛鳥は「sweet」(宝島社)、西野七瀬は「non-no」(集英社)の専属モデルを担当。白石麻衣も今年3月まで「Ray」(主婦の友社)、5月まで「LARME」(徳間書店)の専属モデルとして活躍していた。ちなみに、そんな白石が昨年2月に発売した2nd写真集『パスポート』(講談社)は、購入者の3割以上が女性だったそうだ。

 こうした現象に前触れはあったのだろうか。岡島氏いわく、乃木坂46の誕生以前から活動していたAKB48の先例は無視できないようである。

なぜ乃木坂46には、かわいい女性ファンが多いのか?今の成功はAKBのおかげであるのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、乃木坂46白石麻衣西野七瀬の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事