NEW

マック、成型肉使用に国が措置命令…マック「個別の添加物の内容は非公表。結着剤不使用」

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 7月24日、消費者庁は大手ファストフードチェーン、日本マクドナルドに不当表示があったとして再発防止を求める措置命令を出しました。これは、昨年8~9月に期間限定で販売した「東京ローストビーフバーガー」など2つのメニューが、実際はローストビーフではなく58%に成型肉が使われていたにもかかわらず、ブロック肉を切断する映像を使用して、いかにもブロック肉だけを使用しているかのように宣伝していたことが、景品表示法違反(優良誤認)に当たると判断されたためです。

 日本マクドナルドは、消費者庁の再発防止を求めた措置命令に対して、「説明不足があったことを深くお詫びする」とのコメントを発表していますが、今後もほかのメニューで成型肉の使用するか否かについては触れていません。

 このニュースを聞き、日本マクドナルド創始者の故藤田田氏の言葉が私の頭に浮かびました。

 40数年前、NHKのドキュメンタリー番組で、「マックのハンバーガーは確かに本物ではないが、20年も食べていただければ、皆、マックのハンバーガーこそが本物と思うようになります」というようなことを、自信満々に語っていました。

 あれから、40数年。今、ハンバーガーといえば誰もが「マック」を連想しますが、果たして、藤田氏が豪語したように、日本人の多くが「マックこそ本物のハンバーガー」と思うようになったのでしょうか。

 たとえば、2014年7月に発覚した使用期限切れ中国産鶏肉の使用は、マック商品に対する消費者の不安をさらに増幅させました。

マック、成型肉使用に国が措置命令…マック「個別の添加物の内容は非公表。結着剤不使用」のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、マクドナルドローストビーフ成型肉添加物の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事