NEW

安倍首相、適切な経済政策で雇用が最高水準に…石破茂新首相なら経済悪化、消費増税も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雇用環境は歴代政権のなかでも最高レベル


 安倍政権は、2014年の消費増税という政策ミスはあったが、その後消費増税を2度も思いとどまり、デフレ克服のために正しい金融緩和を行ってきた。その結果、雇用環境は歴代政権のなかでも最高レベルのパフォーマンスになった。反アベノミクスであれば、失われた20年、デフレの再来であり、雇用環境は悪化するだろう。そうなると失業率が上がり、それに伴い自殺率、強盗率などが高くなって、社会不安が高まるようになるだろう。

 さすがに最近の石破氏は、マクロ経済政策についてはデフレを逆戻りさせないように、アベノミクスを継承するとも言っているが、あまり信用できない。石破氏は2日、緊縮財政に取り組んだ浜口雄幸元首相の記念館を訪問したという。その後の講演では、小説『男子の本懐』(城山三郎著)を繰り返し読んだと紹介したらしい。

 浜口の行った金解禁は、昭和史のなかでも間違った経済政策として有名だ。そのために昭和恐慌になったというのが歴史の定説だ。『男子の本懐』では誤った金解禁を肯定的に書いており、経済政策の教本にすべきでない。このあたりの事情は、筆者の「アベノミクスに歴史あり」を読んでほしい。
(文=高橋洋一/政策工房代表取締役会長、嘉悦大学教授)

安倍首相、適切な経済政策で雇用が最高水準に…石破茂新首相なら経済悪化、消費増税ものページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、安倍晋三石破茂自民党総裁選の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事