NEW

不倫報道の花田優一氏、会見で「傲慢な態度」に報道陣から総スカン?「コイツ」発言に批判

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
両国国技館(「Wikipedia」より/Goki)

 大相撲の貴乃花親方と景子夫人の長男で靴職人の花田優一氏が、8月31日発売の週刊誌「フライデー」(講談社)に妻ではない女性とのデート姿をキャッチされた。花田氏は昨年に陣幕親方の娘と結婚したばかりだが、今年8月には早くも別居報道が飛び出していた。「フライデー」によると、すでに離婚協議中だという。

「別居は事実のようですが、離婚が正式に成立する前に別の女性との交際が明らかになることは、離婚協議上、不利になるでしょう」(週刊誌記者)

 花田氏は靴職人として工房を構えるが、昨年8月からは芸能事務所に所属し、自身のラジオ番組を持つ上、頻繁にテレビやイベントに出演するなど、事実上タレント活動も行っている。

「花田さんは昨年10月に芸能マスコミによる囲み会見を受けた際、自分は靴職人であってタレントではないということを強調していました。タレントと認めてしまうとマスコミからプライバシーを探られても文句を言いにくく、一般人であることを強調したいのでしょう。しかし、CMに出演してラジオ番組まで持っているのだから、それは通じないでしょう。

 会見で花田さんは、親子ほど年の離れた年配レポーターに対しても、とにかく返事が生意気でした。『しっかりしていますね』と褒められると、『僕がしっかりしているとしたら、日本はやばいですね』と褒め言葉をバカにするような返答で驚きました。結婚から別居までのスピードからして、花田さんの傲慢さはマスコミに対してだけではなかったのかもしれませんね」(テレビ局関係者)

 花田氏のふてぶてしい言動は、別の場面でも見られる。今年2月25日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)にゲスト出演して妻との馴れ初めを語った際のことだ。

「花田さんは靴のセミナーで聴講していた妻に『何かわからないけどコイツかなって思った』『その時にコイツ嫁かなって思ったんです』と発言し、妻を“コイツ呼ばわり”していて、少し驚きました。インターネット上でも批判を浴びて、ちょっとした炎上騒ぎになっていましたが、これまでも公の場で勘違い発言を繰り返しており、そうした上から目線な態度は、周囲の反感を買いかねないですよね」(別のテレビ局関係者)

 そんな花田氏の父・貴乃花親方は先月、夏巡業先の秋田市で意識を失い救急搬送されたものの、大事には至らなかった。息子のゴタゴタが貴乃花親方の心労を増やしてしまわないことを、願うばかりである。
(文=編集部)

不倫報道の花田優一氏、会見で「傲慢な態度」に報道陣から総スカン?「コイツ」発言に批判のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、花田優一貴乃花親方離婚の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事