NEW

人生を好転させるためには、どんな財布を使えばいい?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『愛もお金も引き寄せたいなら 財布の神さまと仲良くしなさい』(すばる舎刊)

「お財布には神さまがいる」

 こう述べるのは、『愛もお金も引き寄せたいなら 財布の神さまと仲良くしなさい』(すばる舎刊)の著者であり、1万人以上の財布を見てきた開運コンサルタントの浅野美佐子氏だ。

 財布に神さまが宿り、財布の神さまと仲良くなることで、人生は好転するという。では、どうすれば財布の神さまと仲良くなれるのだろうか。そこには気を付けなければならないことがあるようだ。

 まず、新しい財布を買いに行く日は「縁起のいい日」を選ぶことと著者。なぜなら財布の神さまは、縁起のいい日、吉日が大好きだからだ。

 この運が上向きになる日はたくさんある。大安吉日、一粒万倍日、天赦日、巳の日、寅の日だ。さらにいいのが、最高吉日と新月が重なる日だという。反対に、財布をおろすのに避けたいのが、火で燃やす「火曜日」だ。

 また、縁起のいい日に買ったからといって、すぐに使ってはいけない。こちらはちょっとした「仕込み」が必要だという。本書を開いて確認してほしい。

 また、財布選びで迷うのが、長財布か二つ折り財布だろう。基本は、長財布がオススメだという。お札を折らないだけでなく、よりいっそうお金を大事にするからだ。また、小銭入れと長財布は分けて使うこと。使い分けることで、お金に意識が向き、金銭感覚がしっかりするからだ。

 今使っている財布に愛着やこだわりはあるだろうか。お金が貯まらない、仕事やプライベートがうまくいっていない、そんな方は、本書を参考に財布に神さまを宿したら、人生も好転するかもしれない。
(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

人生を好転させるためには、どんな財布を使えばいい?のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、スピリチュアル財布金運の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事