NEW

「かぼちゃの馬車」不正融資のスルガ銀行 岡野光喜会長と岡野家の4代にわたる“世襲の構造”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

「かぼちゃの馬車」不正融資のスルガ銀行 岡野光喜会長と岡野家の4代にわたる世襲の構造の画像1
2001年に撮影された、スルガ銀行の岡野光喜社長兼CEO(写真:毎日新聞社/アフロ)

今春発覚し、おおいに世間を騒がせている「女性専用シェアハウス・かぼちゃの馬車」への投資トラブル問題、さらには創業家関連企業への巨額融資問題などの責任を取って、スルガ銀行の代表取締役会長兼CEO・岡野光喜(みつよし)が辞任する見込みとの報道が駆け巡っている。

 岡野は1967年に慶應義塾大学経済学部を卒業、富士銀行(現在のみずほ銀行)に入行し、ロンドン支店などに勤めた後、1975年に駿河銀行(現在のスルガ銀行)に転じて、1979年に34歳で取締役に就任。そして1985年にはわずか40歳で頭取になって以来、33年にわたってスルガ銀行のトップに君臨してきた。

 なぜ、そのような長期政権を維持できたのか? 簡単にいってしまえば、スルガ銀行は岡野家がつくった銀行であり、岡野家の人間が代々頭取を務めてきた同族経営の企業だから。岡野光喜は、その“4代目”に当たるのである(親子関係で見た場合。トップとしては5代目)。

「かぼちゃの馬車」不正融資のスルガ銀行 岡野光喜会長と岡野家の4代にわたる“世襲の構造”のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事