NEW

100円ショップ「ダイソー」、買ってはいけない商品5選…最悪の使い勝手、逆に割高

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 100円という低価格でさまざまな商品を販売し、今や日本人の生活に欠かせない存在となっている100円ショップ。その最大手が大創産業の運営する「ダイソー」だ。

 バブル崩壊後の1990年代前半から急成長を遂げていったダイソーは、100円というお手軽に購入できる価格でありながら、“意外と高品質”という商品群がウケたのはいうまでもないだろう。世間のニーズに合致し、瞬く間に全国へと店舗展開したのである。

 ちなみに、2018年3月時点で国内に3278店舗と驚異的な店舗数を誇っているが、実は国外でも26の国と地域に1992店舗も展開している。そのコストパフォーマンスの良さは、海外でも広く認められているということだろう。

 確かにダイソーの商品は100円とは思えない高品質のものばかりだが、なかには値段と釣り合っていない商品や、他店で買ったほうがマシだという商品も……。そこで今回、編集部ではダイソーで並んでいる商品をチェックし、コスパや便利さという観点から、買ってはいけないダイソーの商品を5つ独断で選ばせてもらった。

ライトニング+マイクロB充電・通信ケーブル/108円(税込、以下同)


 iPhone専用のライトニングケーブルと、アンドロイドなどのマイクロBケーブルの両方として使える商品。

 そう聞くと非常に便利なように思えるだろう。ただ、感度があまり良くないため、気づけば接続が切れていることがある、とネットでよく書き込まれている商品なのだ。また、通信ケーブルとしても使用できることを謳ってはいるが、少なくとも今回筆者が試したものに関しては、PCとつないでもまったく反応しなかった。

 何にでも使えそうに見えて、全体的に中途半端な性能。どうしても安物のケーブルの域を出ない、という印象である。やはり、この手のPC関連やスマホ関連のアイテムは多少値が張っても、信頼のおける大手メーカー製などを購入しておくのが無難なのかもしれない。

ハンガー39.5×20㎝5P/108円


 なんの変哲もないごく普通のハンガーなのだが、全体的に柔らかく、耐久性が心もとない。

 特に弱いのが三角形の底辺にあたる部分で、指1本で優しく引っ張っただけでぐにゃりと曲がってしまう。試しに重量のある濡れたバスタオルを干してみたのだが、不安になる曲がりようであった。

 例えばTシャツを干すためだけに使用するなど、軽い洗濯物専用と割り切って使うなら問題ないかもしれない。ただ、100円とまではいかなくても、低価格で、ある程度品質の高いハンガーを販売しているメーカーはいくつもあるため、ダイソーで買う必然性は薄い。

100円ショップ「ダイソー」、買ってはいけない商品5選…最悪の使い勝手、逆に割高のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、100円ショップiPhoneダイソーの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事