NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

綾瀬はるか『義母と娘のブルース』が「『逃げ恥』と似ている」というミスリード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
火曜ドラマ『義母と娘のブルース』|TBSテレビ」より
 9月4日放送の第8話が自己最高の平均視聴率15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録するなど、視聴率と評判が右肩上がりの『義母と娘のブルース』(TBS系、以下『ぎぼむす』)。「今夏最大のヒット作」と言い切ってもいいだろう。


 放送を重ねるごとに、「キャリアウーマンを演じる綾瀬はるかの演技がいい」「笑って泣けてほっこりできる脚本が素晴らしい」など称賛の声が増えている。

 しかし、「『逃げるは恥だが役に立つ』(同、以下『逃げ恥』)と似ている」という記事が出てからは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)でも「確かに似ている」「激似じゃん!」「パクリ?」などのコメントをあちらこちらで見るようになった。

 さらに、私のもとにも、各メディアの記者から「どこが似ていますか?」「本当に似ているんですか?」などの問い合わせが入っている。

 果たして、『ぎぼむす』は本当に『逃げ恥』と似ているのだろうか?

『ぎぼむす』に社会派の要素なし


 確かに、『ぎぼむす』も『逃げ恥』も同じTBS火曜22時台の『火曜ドラマ』であり、ジリジリと上がっていく視聴率の推移は似ている。

『ぎぼむす』11.5%、11.3%、12.4%、12.2%、13.1%、13.9%、15.1%、15.5%
『逃げ恥』10.2%、12.1%、12.5%、13.0%、13.3%、13.6%、13.6%、16.1%

 ちなみに、『逃げ恥』は、9話16.9%、10話17.1%、11話20.8%と、さらに視聴率を上げてフィニッシュ。『ぎぼむす』も『逃げ恥』最終話の20.8%にどこまで迫れるのか、注目を集めるだろう。

 次に、ストーリーでは「利害が一致した契約結婚による仮面夫婦」「一緒に暮らすことで徐々に愛情が育まれていく」という展開が似ている、というのだ。

 しかし、両作は「契約結婚・仮面夫婦に至る理由と制作サイドの狙い」が決定的に異なる。『逃げ恥』は、就職難、派遣切り、就職としての結婚、家事対価、高齢童貞などの社会背景をからめたものである一方、『ぎぼむす』は、「娘を託す義母がほしい」男と「孤独で家族がほしい」女によるものであり、これといった社会背景はない。

 さらに言えば、契約結婚・仮面夫婦を扱ったドラマは『逃げ恥』だけでなく、これまで数えきれないほどの作品が放送されてきた。決して珍しいわけではなく、むしろ1980年代からよく見られた設定であり、『ぎぼむす』を『逃げ恥』とだけ結び付けようとするのは強引だ。

 ネタバレになるので書かないが、この先、岩木亜希子(綾瀬はるか)が宮本良一(竹野内豊)と契約結婚し、仮面夫婦になった本当の理由が明かされる。それは『逃げ恥』の社会派テイストとは大きく異なり、さらなる感動を呼ぶヒューマンテイストになるだろう。

 そもそもの話、『逃げ恥』は男女の恋愛物語であり、『ぎぼむす』は女性同士の親子物語。良一が亡くなってから、麦田章(佐藤健)との恋をにおわせるシーンこそあるが、それは母娘の物語に比べると、あまりに濃度が薄い。最後まで「母娘の物語」という軸はブレないはずだ。

他作の真似が不要なTBSのエースコンビ


 ストーリーを語る上で、もうひとつ忘れてはいけないのは漫画原作の存在。『逃げ恥』が通常の物語形式であるのに対して、『ぎぼむす』は4コマ漫画。つまり、一つひとつのエピソードは短くブツ切れのような状態であり、映像化や脚色の難易度は後者のほうが高い。

『話しかけなくていい! 会話術』

「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術!

amazon_associate_logo.jpg

『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』

嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。

amazon_associate_logo.jpg

綾瀬はるか『義母と娘のブルース』が「『逃げ恥』と似ている」というミスリードのページです。ビジネスジャーナルは、連載、TBSドラマ綾瀬はるか義母と娘のブルース逃げるは恥だが役に立つの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事