NEW

南海トラフ巨大地震が首都直下地震を誘発する可能性も…大地震は連続発生しやすい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北海道胆振東部地震により厚真町で発生した土砂崩れの様子(写真:読売新聞/アフロ)
 9月6日に発生した北海道胆振東部地震では大規模な土砂崩れや液状化現象が発生し、死者は40人を超える事態となった。震源地付近には活断層の「石狩低地東縁断層帯」が南北に伸びており、東北大学災害科学国際研究所の遠田晋次教授は「震源の浅い余震が活断層を刺激している可能性もあり、今後も注意が必要」と指摘する。


 遠田教授によると、「地震活動は連鎖することもあり、熊本地震のように大きな地震が次々に発生するパターンもある」といい、南海トラフ巨大地震首都直下地震が連続発生する可能性すらあるという。最悪のシナリオともいえる大地震の連鎖や北海道胆振東部地震の分析について、遠田教授に聞いた。

軟弱地盤の札幌市清田区は液状化


――今回の地震をどのように分析しますか。

遠田晋次氏(以下、遠田) すでにいろいろと報じられていますが、今回の地震は片方の岩盤がもう片方に乗り上げる「逆断層型」と呼ばれるものです。震源付近には東西方向に圧縮される力が働き、断層が突然ずれ動き、直上の厚真町で震度7を記録する猛烈な揺れになりました。内陸型地震(直下型地震)の一種です。

 ただ、一般的な内陸型地震と異なるのは、震源が37キロと例外的に深いことです(一般的な震源は15キロよりも浅い)。そのため、今回の地震では地表に断層が出現しませんでしたし、地表での地面の動きもわずかでした。また、震源地の西約10キロには主要活断層帯の石狩低地東縁断層帯がありますが、直接は関係していないでしょう。

 もともと、北海道の地形は東部と西部がぶつかってできたものです。それを特徴付ける地形が南北に隆起している日高山脈で、特に約1000万年前以降に急激に隆起して形成されました。また、それに伴い、石狩平野や夕張山地の境界付近に多数の断層ができました。そのうち今もっとも活発に動いているのが、石狩平野と、その東側の岩見沢丘陵、栗沢丘陵、馬追丘陵との境界付近に位置する石狩低地東縁断層帯です。最大でマグニチュード(M)7.9の大地震が発生するとみられています。

 今回の地震は、規模こそ違いますが、2015年のネパール地震の起こり方に似ています。ネパール地震は、ヒマラヤ山脈とインド亜大陸を含むインドプレートがユーラシアプレートに衝突し、沈み込んでいるところで発生しました。同様に、日高地域も千島弧から続く北海道東部のプレートと本州のプレートが衝突しています。北海道には南北方向に伸びる地質の帯があり、それらに伴って断層帯がいくつもあるのです(カーテンのシワのように地層がたわんでいます)。

 そして、恐竜が生息していた太古の昔にはプレートとプレートの間の地域は大きな海で、その後も堆積物が溜まりやすい環境が続きました。さらに、札幌の位置する石狩平野は沖積低地で地盤が軟弱です。特に、札幌市清田区は谷を埋めた人工造成地の軟弱地盤で、今回の地震では液状化が発生しました。

――すでに100回以上の余震も発生しています。

遠田 震源が10~30キロの浅い余震も増えてきています。気になるのは、断層の下端が15キロ程度の石狩低地東縁断層帯に刺激を与える可能性があることです。熊本地震のように大きな地震が連鎖的に発生する場合もあるため、注意が必要です。

南海トラフ巨大地震が首都直下地震を誘発する可能性も…大地震は連続発生しやすいのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、北海道胆振東部地震南海トラフ巨大地震地震首都直下地震の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事