NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

天才と梅毒…シューベルトもゴッホもニーチェも、神を感じる傑作創作時は梅毒だった

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 僕はイタリア料理が好きですが、イタリア料理といえばパスタですね。特に、トマトベースのパスタが好きです。そこに少々の唐辛子を入れると味が引き締まりますし、たくさん入れるとアラビアータになります。しかし、これらは「アメリカ風パスタ」と名付けたほうが正確なのです。

 実は、イタリア料理には欠かせないトマトと唐辛子だけでなく、ドイツの国民食ともいえるジャガイモ、イギリス人が初夏の楽しみにしているイチゴ、ベルギー名産のチョコレート、アフリカの人たちがよく食べるトウモロコシも、すべてアメリカからやって来たものなのです。

 1491年10月11日にコロンブスが新大陸・アメリカを発見するまでイタリア人は、ニンニク・スパゲッティをせっせと食べていたのかもしれません。少量の唐辛子を入れるペペロンチーノは、まだありません。一方、アジアにおいても、コロンブスが活躍した大航海時代以前は、インドカレーや韓国キムチは唐辛子からくなかったことになります。

 しかし、アメリカから持ち込まれたのは良いものだけではありませんでした。今では少し肩身が狭くなったタバコもそうですが、大問題となったのは梅毒でした。中米ハイチあたりの風土病だった梅毒を、コロンブスの船の船員がヨーロッパに持ち込んでからの感染力はすさまじく、アジアにもあっという間に伝わり、日本にも倭寇を通じて感染者が出たのは、コロンブスが新大陸を発見してからたった21年後の1512年です。西洋人が初めて日本を訪れるより数十年も先駆ける感染力の早さでした。

 ちなみに、ここ数年、日本で梅毒患者が急増していると伝えられています。昨年は44年ぶりに報告数が5000件を超え、さらに今年はそれを上回るペースといわれています。

独特な世界観を生みだしたシューベルト

 さて、コロンブスの時代から約300年後の1800年代ヨーロッパ。あるひとりの作曲家が梅毒にかかりました。彼の名前は「シューベルト」。歌曲『魔王』や『野ばら』『未完成交響曲』で有名な作曲家です。彼が梅毒に感染したのは1818年といわれていますが、潜伏期があるので、実際に梅毒の診断を受けたのは、1822年です。

 ドイツのコッホ博士が細菌自体の存在を発見したのが1876年ですので、まだ梅毒の原因である「梅毒スピロヘータ」などは知られていません。シューベルトが梅毒と診断された時はまだ25歳で、最高傑作とも称される『未完成交響曲』の作曲を始めた頃です。正式な名前は、『交響曲第7番(以前は『8番』ともいわれていた)』。通常の交響曲には4つの楽章があるにもかかわらず、この交響曲は2つしかないので、“未完成”と呼ばれています。実際に、1、2楽章を作曲した後に3楽章の作曲も始めたのですが、なぜかそれ以上はできなかったのです。

天才と梅毒…シューベルトもゴッホもニーチェも、神を感じる傑作創作時は梅毒だったのページです。ビジネスジャーナルは、連載、ゴッホシューベルト梅毒芸術家の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事