NEW

「番組降りる!」有働由美子アナ、セクハラ騒動受け『NEWS ZERO』で言いたい放題?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 日本テレビ報道局所属の元解説委員だった青山和弘氏のセクハラ騒動が、波紋を広げている。

 事の発端は9月6日発売の「女性セブン」(小学館)と「週刊新潮」(新潮社)が、青山氏が女子学生アルバイトや女性局員に対するセクハラをしているという内容を報じたことに始まる。青山氏は、10月より元NHKアナウンサー・有働由美子を迎えてリニューアルする同局の『NEWS ZERO』でサブキャスターに就任すると発表されていたが、件の記事が報じられる数日前の9月1日付で日本テレビホールディングスの経営戦略局グループ推進部にに異動。『NEWS ZERO』のサブキャスター就任の話は立ち消えとなったと報じられている。

「報道後に青山氏の別の行為に関する“怪文書”まで出回りましたが、局内で青山氏のことをよく思っていない人がいるのかもしれません。日テレはメディア各社の取材に対し、『ご指摘のような事実は確認できませんでした』と明確に否定していますが、セクハラ問題については相手女性のこともあり、日テレとしてはこれ以上騒動を大きくしたくないという思いがあったのでしょう。結局、真相をはっきりさせないまま、局内での調査を打ち切ったといわれています」(日テレ関係者)

 しかし、そうした日テレのはっきりしない対応について怒りを露わにしているのが、もうひとりの“被害者”ともいえる有働だ。

「キャスター就任の会見でも自ら『ダメだったら切って』と言い切るほど、有働の『NEWS ZERO』への意気込みには並々ならぬものがあります。“現場主義”を掲げ、本人は積極的に現場に出て取材もしたいと、かなりの熱意を注いでいるんです。そんな矢先に今回の騒動が発覚し、一時は有働が『そんな番組は降りる』とまで言い出していたようなんです。

 実は、有働さんの1日のギャラは180万円ともいわれていて、前任の村尾信尚は1日100万円程度だったようなので、2倍近い金額を支払うことになる。加えて、現場中継を増やしたいという有働の要望を叶えれば、それだけ制作費もかさんでくる。当初は日テレサイドもさすがに難色を示していたようですが、青山さんの件で有働に頭が上がらず、言いなり状態になっているみたいですよ」(テレビ局関係者)

 結果として、青山氏の一件でますます日テレサイドにものを言える立場になった有働アナ。すでに局内では“女帝”とも呼ばれている有働アナが今後、『NEWS ZERO』内でさまざまな不祥事や問題にどう切り込んでいくのか。10月からの放送に注目が集まる。
(文=編集部)

「番組降りる!」有働由美子アナ、セクハラ騒動受け『NEWS ZERO』で言いたい放題?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、日本テレビ有働由美子青山和弘の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事