NEW

話題の「串カツ田中」1480円食べ放題がミラクルなコスパだった!だが胃袋が…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 居酒屋業態でありながらほぼ全店禁煙化を推し進めるなど、昨今たびたび話題をふりまいている居酒屋チェーン「串カツ田中」が、食べ放題コースを新設したという。

 対象81店舗に8月16日から導入されたのは次の2コース。串カツのみが食べ放題となり、大人1480円(税抜、以下同)、小学生以下740円、6歳以下380円、3歳以下無料の「串カツ食べ放題コース」。串カツ以外の一品料理も食べ放題となり、大人2180円、小学生以下1090円、6歳以下480円、3歳以下無料の「ほぼ全品食べ放題コース」。

 平日18時までの入店客限定、120分制(90分ラストオーダー)、1日30名限定、前日までに要予約といった条件付きだが、かなりコストパフォーマンスが高いように思える。

 そこで今回は20代男性の筆者が、「串カツ食べ放題コース」を体験。スーパーで食材を購入し自宅で串カツをつくった場合を仮定し、どちらがリーズナブルかを検証してみよう。

最初は定番の「串カツ4種盛り」からスタート


 今回検証をする店舗は、下北沢駅(東京都世田谷区)から徒歩5分ほどの場所、小劇場の点在する街中にある下北沢店だ。予約していた17時30分、店舗のある2階へあがり中へ入る。まだ夕食には早い時間帯だからか、店内には他のお客さんはおらず、入店後30分ほどは、貸し切り状態だった。

 テーブル席に座ると、お通しである山盛りのキャベツと、串カツ田中自慢のソースが置かれ、そのまま「二度付け禁止」といった禁則事項の説明を受ける。

 数分後、「串カツ4種盛り」が到着。内訳は、同店のメニューで特に人気が高い「串カツ牛」「串カツ豚」「玉ネギ」「レンコン」がそれぞれ1本ずつというもの。「串カツ食べ放題コース」を注文すると、最初にこれが提供される仕組みで、その後は自由に注文することができるようだ。

「串カツ4種盛り」をすぐに完食。4種とも美味だったが、「串カツ牛」については特筆しておきたい。衣のサクサク感とともに牛の味がしっかりと伝わり、さらにソースとの相性も抜群で、非常においしいと感じたのだ。当初筆者は“全種類食べる”という目標で来店していたため、同じ品を注文しないようにと考えていたが、思わず次の注文でも「串カツ牛」を頼んでしまったほどだった。

 串カツは定番から変わり種まで揃っており、全34種。食べ放題コースでは1オーダーにつき5本までしか注文できないので、野菜と肉、定番とその他の組み合わせを考えながら頼むのも、楽しみ方のひとつとなる。



話題の「串カツ田中」1480円食べ放題がミラクルなコスパだった!だが胃袋が…のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、串カツ田中禁煙食べ放題の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事