NEW

織田信長は本当に短気で冷徹だったのか? 『ルイス・フロイスが見た 異聞・織田信長』

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 歴史家の磯田道史氏は、『日本史』を通して書かれた信長について、現代の「ベンチャー企業の社長」の特徴と似ている点に触れている。信長は自分で何でもする人であり、せっかちで、人に任せられない。確かに、ベンチャー企業に勤務している人なら頷ける部分かもしれない。磯田氏は、古今東西の偉人で何かを成し遂げた人に多いタイプだと指摘したうえで、「循環器系の病気で倒れる可能性も高い」と語る。

 革命児である織田信長は、常に時代が求めるヒーローの像を提示してきた。しかし、その素顔は、私たちが抱いているステレオタイプの信長像と遠いかもしれないし、近いかもしれない。それは信頼性の高い史料を複数読み込んでこそ、分かることである。

 『信長公記』も『日本史』も書いた人間の解釈と意図が加わっている。それを踏まえて読むことで、本当の信長像を捉えることができるのだろう。

 『ルイス・フロイスが見た 異聞・織田信長』では、信長のほかに、秀吉や明智光秀などといった有名武将たちのフロイス評を知ることができる。意外な評価がなされている人物もいるので、気になる人はのぞいてみてほしい。
(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

織田信長は本当に短気で冷徹だったのか? 『ルイス・フロイスが見た 異聞・織田信長』のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、戦国時代日本史織田信長の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事