NEW
連載
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

小泉進次郎が投票直前に石破茂支持を表明した理由…斎藤農水相に辞任圧力かけた自民議員

文=神澤志万/国会議員秘書
【この記事のキーワード】

, , , ,

国民民主党の崩壊が注目されている理由

 沖縄県知事選よりも、政治部の記者たちや政治オタクのみなさんが注目しているのは、実は国民民主党の動きだそうです。

 9月11日の国民民主党両院議員総会で、玉木雄一郎代表が選任され、人事が発表されたのですが、「その人事を見たら笑いが止まらない」のだといいます。「どれどれ?」と神澤も役員表を拝見しましたが、確かにツッコミどころ満載の人事でした。

 まず、古川元久議員の代表代行はアリなのでしょうか。玉木代表は、旧大蔵省時代の先輩である古川議員を尊敬しているそうですが、古川議員は党内でも巷でも人気がないといわれています。幹事長には平野博文議員が就任していますが、平野議員も文部科学大臣時代の輝きはなく、委員会中はいつもスヤスヤ居眠りされている高齢議員です。ただ、「古川議員より格上じゃないと古川議員が納得しないから」ということで渋々選ばれたようです。

 また、桜井充議員は元政策秘書の詐欺事件の責任を取っていないのに企業団体委員長に就いており、「企業献金につながる大事なポジションを任せていいの?」という批判もあるようです。

 また、もっとも「大丈夫なの?」と心配の声があがっているのが、原口一博議員を国会対策委員長に任命したことです。原口議員は政策通ではありますが、国対については素人同然です。根回し下手で有名な原口議員を国対委員長に据えるという人事に、「もはや国民民主党は他党と折衝する気がないのか」という意見もみられます。

 以前には、ツイッターの「前原誠司、長島昭久、野田佳彦、細野豪志は、野党再編でも『排除』しなければならない」「公明党はクズの吹き溜まり。維新は間もなく消滅する」という投稿に「いいね」としていたことも問題になっており、今後が不安です。

 ちなみに、原口議員の秘書出身のプロレスラーがいるのは、永田町でもトリビア的な話題です。少し前ですが、そのレスラーの試合に原口議員が応援に行き、そこで大仁田厚元参議院議員を紹介されたそうです。

 それがご縁で、大仁田元議員が今年の佐賀県神埼市長選挙に出馬した際には、原口事務所が応援したという話を聞きました。大仁田元議員は、還暦を過ぎているのに年内にプロレスに復帰するそうです。お元気ですね。

 いずれにせよ、そんな内情も含めて、政治部の記者や政治オタクのみなさんは「国民民主党の崩壊の行く末がおもしろい」と注目しているのだそうです。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』 あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。 amazon_associate_logo.jpg

関連記事