NEW
連載
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

小泉進次郎が投票直前に石破茂支持を表明した理由…斎藤農水相に辞任圧力かけた自民議員

文=神澤志万/国会議員秘書
【この記事のキーワード】

, , , ,


 原則オフレコの記者懇談会で、玉木代表が「政権交代は野党みんなですればいい。その主導権を別に自分たちが持たなくてもいい」と話したそうです。もはや玉木代表自身が国民民主党を発展させることに関心がない様子が伝わってきますが、政党の代表がそんなに低い志では、陰で崩壊を楽しみにされても仕方ないでしょう。そして、そういった姿勢が国民の関心が政治に向かない要因にもなっていると思います。

 今後は、離党者がいつどのタイミングで出てくるのか。分裂するのか、合流するのか……などが争点になると思います。

 神澤としては、党の崩壊や分裂より、現在の山積みの課題をきちんと議論する国会になってほしいです。そうでないと、相次ぐ天災への対応や被災者支援をきちんとできないですからね。
(文=神澤志万/国会議員秘書)

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』 あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。 amazon_associate_logo.jpg

関連記事