NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『半分、青い。』鈴愛と律はハッピーエンドの可能性も?衝撃のラストで批判を払拭か

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NHK連続テレビ小説『半分、青い。』 - NHKオンライン」より
 半年前のスタートから物議を醸し続けた連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)が、いよいよ最終週に入ろうとしている。週間の平均視聴率はお盆を過ぎた頃から22%を超えているが、上昇に比例するかのように視聴者の批判もヒートアップ。


「視聴率が上がっているのに、批判が増える」という珍現象の原因は、北川悦吏子の脚本にほかならない。中盤あたりから「わずか数話で年月が飛ぶ」という急ぎ足の展開と、自己中心的なヒロインの言動が視聴者の反感を買ってしまったのだ。

 しかし、その姿勢を貫いたことが、結果的に「イライラするけど気になる」「文句を言いながら、結局見てしまう」という状態に結びついたのは意外だった。

 まるで「炎上ビジネス」のような手法だが、過去を振り返れば合点がいく。1990年代から北川は、『愛していると言ってくれ』(TBS系)で聴覚障害者の恋、『最後の恋』(同)で風俗嬢の恋、『ビューティフルライフ』(同)で難病女性の恋を描き、高視聴率を獲得しながらも物議を醸していた。

 それら過去の作品と、ここまでの放送を踏まえつつ、クライマックスの展開を考えていきたい。

過去の名作はハッピーエンドだったのか


 まず、上記の過去作が「どんな結末だったか」を振り返ろう。

『愛していると言ってくれ』は、聴覚障害者の榊晃次(豊川悦司)と女優の卵・水野紘子(常盤貴子)がいったん別れたものの、時が過ぎて再会したところで終了。復縁したかはわからず、小さな希望のみを見せる終わり方だった。

『最後の恋』は、医者の卵・夏目透(中居正広)と風俗嬢・篠崎アキ(常盤貴子)が、最後まで遠回りを繰り返しながらもハッピーエンド。

『ビューティフルライフ』は、美容師・沖島柊二(木村拓哉)と難病を患う図書館司書・町田杏子(常盤貴子)の恋が成就したものの、杏子は亡くなってしまった。

 整理すると、『愛していると言ってくれ』は“半分、ハッピーエンド”、『最後の恋』は“全部、ハッピーエンド”、『ビューティフルライフ』は“アン、ハッピーエンド”。この3作は「ハンディキャップのある恋」という共通点があるだけに、結末は意図的に変えていたのだろうか。

 そのほかの主なラブストーリーでは、『ロングバケーション』(フジテレビ系)は、瀬名秀俊(木村拓哉)がピアノコンクールで優勝し、葉山南(山口智子)と結婚式で結ばれる“全部、ハッピーエンド”。

『Over Time-オーバー・タイム-』(同)は、楓宗一郎(反町隆史)が笠原夏樹(江角マキコ)のために自ら別れを選び、久我龍彦(椎名桔平)との結婚を促して終了する“半分、ハッピーエンド”。

『オレンジデイズ』(TBS系)は、萩尾沙絵(柴咲コウ)が「ほぼ聴覚を失った」というハンディキャップのある恋だったが、最後に結城櫂(妻夫木聡)と結ばれる“全部、ハッピーエンド”だった。

 朝ドラ前の作品『運命に、似た恋』(NHK)は、小沢勇凛(斎藤工)の手術が成功し、立場や年齢の差を乗り越えて桜井香澄(原田知世)と結ばれる“全部、ハッピーエンド”。

 もっとも多いのは“全部、ハッピーエンド”だが、「作品によって3つを使い分けてきた」という印象もある。そもそも北川は、現在の視聴者が“全部、ハッピーエンド”を好むからといって、そこに合わせるような書き手ではない。

『半分、青い。』のヒロイン・楡野鈴愛(永野芽郁)も「左耳の聴力を失う」というハンディキャップのある恋が描かれてきただけに、“全部”“半分”“アン”すべての可能性がある。同じ日に、同じ場所で、ほぼ同じ時間に生まれた運命の男性・萩尾律(佐藤健)との恋が成就する可能性は40~50%といったところか。

『話しかけなくていい! 会話術』

「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術!

amazon_associate_logo.jpg

『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』

嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。

amazon_associate_logo.jpg

『半分、青い。』鈴愛と律はハッピーエンドの可能性も?衝撃のラストで批判を払拭かのページです。ビジネスジャーナルは、連載、NHKドラマ北川悦吏子半分、青い。永野芽郁の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事