NEW

貴乃花親方引退、相撲協会の「圧力」は誤解の可能性…暴走し孤立無援、協会は排除に成功

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
貴乃花親方 引退会見(写真:日刊現代/アフロ)

 大相撲の貴乃花親方は25日に記者会見を行い、日本相撲協会に引退届を提出したことを明かした。

 貴乃花親方は、弟子の貴ノ岩が元横綱・日馬富士から暴行を受けた昨年の事件について、今年3月、協会の対応に問題があったとする告発状を内閣府に提出していたが、弟子の付け人への暴力が発覚し告発を取り下げていた。この告発状について、協会から調査を依頼された外部の弁護士の見解として、「告発状は事実無根」と結論づけられた旨を通知する書面が8月に協会から届いていたことを明かし、「認めないと親方を廃業せざるを得ないと有形無形の圧力を受けてきた」と主張した。

 また、協会が7月の理事会で、すべての親方は5つある一門のいずれかに所属しなければならないと決定したことをめぐり、「私はいずれかの一門に入るための条件として、告発の内容は事実無根な理由に基づいてなされたものであると認めるようにとの要請を受け続けております」と説明。そして、「真実を曲げて、告発は事実無根だと認めることは、私にはできません」とした上で、「一方でこのままでは、私はどの一門にも属することができません。これでは貴乃花部屋に所属する力士たちは相撲を続けることが困難」になるため、引退を決意したと語った。

 貴乃花の会見を受け、同日、相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)がマスコミの取材に応じ、「告発状が事実無根であることを認めないと一門には入れない、というわけではありませんし、そういったことを言って貴乃花親方に圧力をかけた事実はありません」と否定した。

 突然の貴乃花親方の引退宣言の裏で、何があったのか。協会の内情に詳しい関係者は語る。

「貴乃花親方は6月に貴乃花一門を自らの意思で離脱し、現在は無所属となり、旧貴乃花一門は阿武松グループに名称を変更していました。しかし、一門ではない阿武松グループは協会から助成金も得られず、知名度も現役時代の実績もある貴乃花親方を、協会としてはいつまでも“浮いた存在”にしておくわけにもいかない。

 そのため、協会は今週27日の理事会で貴乃花親方と阿武松グループをどこかの一門に引き取らせる方向で協議する予定でした。各界や一部マスコミ関係者の間では、どこが引き取るのかと密かに話題となっていましたが、まさか貴乃花親方が突然引退を発表するというのは予想外の展開で、みな驚いていますよ。正直、今の貴乃花親方は完全に暴走している感があり、各界内に援軍が出てくるとは考えにくいです」

「圧力」はあったのか


 では、貴乃花親方が主張するように、協会からの「圧力」はあったのだろうか。

貴乃花親方引退、相撲協会の「圧力」は誤解の可能性…暴走し孤立無援、協会は排除に成功のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、日本相撲協会貴乃花親方阿武松グループの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事