NEW

明石家さんま、安室奈美恵の引退に異論「ファンに対してどうかな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

明石家さんま(63)

 22日、ラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)に出演した明石家さんま(63)の発言が話題になっている。さんまは先日、歌手の安室奈美恵さんがファンに惜しまれつつ引退したことについて触れ、「ファンに対してどうかなって思う」と、異論を唱えていた。

 さんまは番組の冒頭で、ゲストでモーニング娘。‘18の飯窪春菜(23)が8月にグループの卒業を発表したことに寄せて、「アイドルの卒業は大変やな」と述べた。また、9日10日をもって解散したジャニーズグループ「タッキー&翼」についても触れ、「知らない人間からすると、なぜ突然卒業するんだ(という気持ち)」と、心境を吐露していた。

 トークは、最近辞めていく芸能人が多いという流れで展開し、9月16日に引退した歌手の安室奈美恵さんについても話が及んだ。さんまは、「今になって安室奈美恵がすごいって、また分かった」と前置いたうえで、「みんながあれだけ支持してるんだから、歌えばいいのに、とか。フェードアウトでええよね、芸能人って実は」「人気があってすごいときに辞めるって、ファンに対してどうかなってのがあるんですね。支持してくれる人がひとりでもいると、残らなきゃいけないんじゃないかって思うね、俺はね。」と、持論を展開した。そして、「たった一人でも、応援してくれる人がいたら、残ってあげるべきやな」と、芸能人の去就について持論をまとめていた。

明石家さんま、安室奈美恵の引退に異論「ファンに対してどうかな」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事