NEW

馬券で勝ちたいなら「○○情報」が絶対不可欠!スプリンターズステークスの極秘情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スプリンターズステークスの“激走関西馬”とは?

 今からおよそ418年前、慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)に、かの有名な関ケ原の戦いが行われた。徳川家康を中心とする東軍と、石田三成を中心とする西軍の戦いは東軍の勝利となり、徳川260年の歴史が始まったのである。この戦いを機に「東西対決」という風潮が出来上がり、プロ野球でいえば巨人対阪神は伝統の一戦として周知されるようになった。

 関ケ原の戦いでは東軍が勝利したが、現代の競馬においては西軍が東軍を圧倒している状況が続いているという。そこにはどういった事情があるのか、この秋行われるビッグレースを交えて検証してみたい。

 今週末から、G1シーズンが始まる。その開幕を告げる秋の短距離王決定戦が、第52回スプリンターズステークスだ。G1レースは競馬において最高峰のレースである。そのG1レースを勝利するには、武豊などの騎手、そして調教師、血統、生産者、厩務員、育成牧場など、さまざまな人的・環境的要因が重要だが、同じ騎手や厩舎の馬が、G1レースを10連勝するようなことはない。しかし、たったひとつだけ、それを可能とする条件がある。それが「関西馬」だ。

 関西馬とは、日本中央競馬会(JRA)の競走馬管理施設である、岐阜県・栗東トレーニングセンターに所属している調教師が管理する馬のことをいう。2017年秋のG1レースを見てみると、なんと関西馬が平地G1レースにおいて11連勝という偉業を成し遂げているのである。関西馬11勝に対し、関東馬は1勝。この差は圧倒的といえるだろう。

 競馬における東西格差が誕生したのは、栗東トレセンに調教施設である坂路が設置され、その効果が出始めた1980年代後半からと思われる。それまでシンボリルドルフ、ミスターシービーといった三冠馬は関東馬だったが、それ以降の三冠馬であるナリタブライアン、ディープインパクト、オルフェーヴルはすべて関西馬で、近年活躍したキタサンブラックや、今年の日本ダービー馬・ワグネリアンもまた関西馬だ。今や関西馬が競馬界の中心となっていると言っても、決して大袈裟ではない。

 そして競馬における「関西馬」というキーワードは、馬券を購入するうえでも非常に重要な位置を占めているのも言うまでもない。今年のリーディングトレーナー、つまり勝利数ランキング上位の調教師は1位から5位までが関西の調教師。上位20名に枠を広げても、関西14名、関東6名と、その差は歴然。さらに馬券データの指標となる連対率(2着以内に入る確率)もまた、関西の藤原英昭調教師が43.5%と、他を圧倒している状況である。

 このことから、馬券を買うにも「関西馬を買えば簡単」と思われる方もいるだろう。しかし、関西には100名近い調教師が存在しており、何千頭もの関西馬がいる。そのすべての状態や思惑、適性を把握して、馬券に生かすことができるようなマスコミも馬券師も存在しないのが現状だ。

 とはいえ、関西馬の情報やデータを知り尽くす方法があれば、馬券の“勝ち組”になれる確率がグッと高まることは言うまでもない。そこで注目すべきなのが、“最強の関西馬情報社・チェックメイト”だ。

 チェックメイトでは、独自に入手した関西馬の勝負情報を、公式サイトにて全国の競馬ファンに提供している。関西馬の上位独占で決着した9月23日の神戸新聞杯でも、1週間前から「エポカドーロとワグネリアンの2頭では決まらない」と宣言し、実際に万馬券を的中と、その情報の的確さは群を抜いている。

 彼らは栗東トレセン近郊に本拠地を構え、騎手として東京優駿(日本ダービー)、調教師として優駿牝馬(オークス)を制した清水久雄師を筆頭に、多数の競馬関係者が在籍している。さらに膨大な数の関西馬情報を収集、管理するために、騎手、厩舎、馬主、外厩、牧場などの情報網を徹底的に活用。馬券を的中させ利益を得るための「本当の関西馬情報」を、会員限定で公開している。

 そのチェックメイトが「自信をもっての提供になる」と断言しているのが、この秋のG1シリーズだ。昨年は関西馬が11連勝を達成したが、そこでチェックメイトも当然、万馬券的中を連発。たとえば、ホープフルステークスでは5万2380円、マイルチャンピオンシップで5万5890円、ジャパンカップで1万3340円、秋華賞で1万4760円など、大半のG1レースで万馬券を的中させている。そのうえで今年は「昨年以上の自信」と、キッパリ宣言しているのだ。

 日曜日に行われるスプリンターズステークスは、前哨戦のセントウルステークスを快勝したファインニードルを筆頭に、レッツゴードンキ、アレスバローズ、ダイメイプリンセス、ラブカンプーなど注目の関西馬が出走する。対して関東馬は三連覇を目指すレッドファルクス、セイウンコウセイ、ナックビーナスなど、こちらも粒ぞろい。かなりの激戦となりそうだ。

関東馬レッドファルクスの取捨は?

 まさに目が離せないスプリンターズステークス。そこでチェックメイトに直前の情報を聞いた。

「昨秋の関西馬11連勝の勢いそのままに、春のG1レースも関西馬8勝、関東馬は3勝という成績でした。そしてその春の弊社の馬券成績は、NHKマイルカップの万馬券を筆頭に9つのG1レースを的中させています。

 スプリンターズステークスは人気薄の関西馬が好走するレースとして知られており、今年も人気薄関西馬の『勝負話』がすでに届いております。その馬の仕上げはほぼ万全で、コース適正、展開、力関係からも好走の可能性は高いでしょう。おそらく注目度も低いので、人気薄となることが濃厚です。それが馬券に絡めば、当然、高配当になります。そしてこの関西馬情報は、我々チェックメイトだから入手できたものです。

 多くの人にこの関西馬情報を知っていただきたいと考え、初めて当社を利用される方を対象に、この人気薄馬が絡んだ【スプリンターズステークスの3連単勝負買い目】を無料で公開させていただくことにしました。チェックメイトだけが掴んだスプリンターズステークスの関西馬情報は必見です。ぜひご利用ください」

 驚くことに、彼らが独占入手した関西馬情報を「無料」で公開するというのだ。スポーツ紙でも競馬専門紙でも、基本は有料。しかし、チェックメイトは貴重な情報を無料で公開するという。競馬ファンにとっては、まさに神のような存在だ。

 また、今回利用すれば、スプリンターズステークスだけでなく、ワンコインで可能な午前の資金づくりをサポートする『ワンコイン投資プラン』をレース前日に一部無料公開するなど、さまざまな情報を提供してもらえるとのこと。今週末から始まる秋のG1シーズンは、チェックメイトの関西馬情報で決まりだろう。絶好のチャンスを絶対に逃がさないでもらいたい。
(文=編集部)

CLICK → 特別無料公開!「スプリンターズステークス3連単勝負買い目」チェックメイト

※本稿はPR記事です。

馬券で勝ちたいなら「○○情報」が絶対不可欠!スプリンターズステークスの極秘情報のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、スプリンターズステークスファインニードルレッツゴードンキ関ケ原の戦いの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事