NEW

大坂なおみ選手の「日本人初優勝」をバッシングする排他的な声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

大坂なおみ選手の「日本人初優勝」をバッシングする排他的な声の画像1
大坂なおみインスタグラムより

 9月8日、ニューヨークで行われた女子テニス全米オープン決勝。大坂なおみ選手(20)が、元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ選手(36)を破り、初優勝を飾った。しかし日本人選手初となる同大会優勝の快挙にも、大坂選手の表情が晴れることはなかった。

 表彰式は、観客の大ブーイングが沸き起こる異例の事態となった。優勝した大坂選手に笑顔は見られない。インタビューマイクを向けた司会者は、「(大坂選手の優勝は)私たちの求める結果ではなかったけれど」と、意地悪く前置きした。大坂選手はサンバイザーで顔を隠して表情を見せまいとしていたが、「みんな彼女(=セリーナ選手)を応援していたのを知っている。こんな終わり方ですみません。ただ試合を見てくれてありがとうございます。本当にありがとう」と、涙を浮かべて謝罪した。会場は静まり返ったという。

 会場のブーイングは、試合中にトラブルを起こしたセリーナ選手や審判に対するものだっただろうか。それとも、セリーナの全米制覇を期待したファンによる、大坂選手への悪意だったのだろうか。真相は定かではないが、どちらにせよ、優勝者として登壇した大坂選手にとって残念な感情を抱かせるものだったことには違いない。もしこれが、スポーツとナショナリズムを混同させた結果だとしたら、多様性を標榜するアメリカはあまりにも情けない姿を全世界にさらしたことになる。

大坂なおみ選手の「日本人初優勝」をバッシングする排他的な声のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事