NEW
航空経営研究所「航空業界の“眺め”」

ボーイング、14年ぶり新型機「B797」開発で苦悩…完成時にはエアバスが市場独占の懸念も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エアバスのA321neo(「Wikipedia」より/Tomas Del Coro)

 二大航空機メーカーとして激しくしのぎを削るボーイングエアバスの航空機の新規開発は、新型エンジン換装などの派生改良型を除くと、それぞれB787(2011年)、A350(2015年)が最後となっている。

 航空機開発には数兆円規模の開発コストを要するため、その決断には慎重にならざるを得ない。ボーイングは、比較的小型のワイドボディ機(広胴機)を開発する構想を数年前から打ち出しており、2025年の完成を目標に、すでに航空会社との協議も行い、慎重にマーケット・サーベイと技術検討を行っている。この新型機が実現すれば、「ボーイング797」と名付けられることになるのだが、さまざまな技術検討が必要なことと、大きなリスクがあることから、ボーイングもなかなか決定に踏み切れないでいる。7月のファンボロー国際航空ショーで発表されるとも噂されたが、結局それもなかった。新型機の開発には約6年が必要なため、ボーイングの決断に残された時間は少ない。

200席クラスでほぼ一人勝ちのエアバスA321neo


 ボーイングとエアバスは、旅客機製造でほぼ市場を二分し生産機数で拮抗しているが、一般論では、ボーイングはワイドボディ機(広胴機・2通路機)に強く、逆にエアバスはナローボディ機(狭胴機・単通路機)に強い。エアバスのナローボディ機A320シリーズは、LCC(格安航空会社)拡大の波にも乗って驚異的なスピードで売上を伸ばし、今年6月時点での総発注機数は1万4276機と、ライバルであるB737の1万1650機を凌駕している。

 とりわけ、A320シリーズで、胴体を延長した200席クラスで新型エンジン装備のA321neo(ネオ)の売上は非常に好調で、同クラス市場の多くを取り込んでいる。A321neoは最大240席までカバーするほか、胴体に燃料タンクを増設し航続距離をナローボディ機最長の4000海里(7400km)以上に伸ばしたA321LR(ロング・レンジ)も開発中で年内に就航の予定だ。このA321LRは、特にLCCによる大西洋路線など中長距離国際線に適していて、我が国のピーチアビエーションも7月に2機発注し、2020年から東南アジアの7時間程度の中距離路線に投入する計画だ。

ボーイング、14年ぶり新型機「B797」開発で苦悩…完成時にはエアバスが市場独占の懸念ものページです。ビジネスジャーナルは、連載、B797エアバスボーイングの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事