NEW

コッペパンブームの意外な秘密…専門店急増の理由&食べるべき「概念を覆す食感」とは

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パンマニアが選ぶ、おすすめのコッペパンとは?


 全国に広がりを見せるコッペパンブーム。しかし、いまだに“給食のパン”のイメージをぬぐえず、「どれがいいのか、よくわからない」という人もいるかもしれない。そこで、各地のパンを食べ歩く片山さんに、おすすめのコッペパンを聞いた。

「男性におすすめなのが、南千住にある『青木屋』のコロッケパンです。同店はもともと惣菜店を営んでいたため、惣菜のおいしさはお墨付き。コロッケパンは大きなコロッケが2つもはさんであり、ボリュームたっぷりで240円というコスパのよさで人気です」(同)

 一番人気のコロッケパンのほかには、ハムカツパン、トンカツパン、メンチカツパンの4種類のみという潔さ。惣菜パンに対する自信が感じられる。そして、軽食としてコッペパンを楽しみたい人には、前述の「吉田パン」のごぼうサラダ(ポテトサラダ入り)がおすすめとのこと。

「吉田パンは、とても軽くて口溶けがいいパン生地が特徴。これまでのコッペパンのイメージを覆す食感で、とても食べやすいんです。パンにはさまれているごぼうサラダとポテトサラダも味がよく、何個でも食べられそうなメニューです」(同)

 コッペパンの概念を変えるほどの食感を、一度は味わってみたいものだ。最後に、コッペパン専門店ならではの楽しみ方を聞いた。

「アミューズメント系コッペパン専門店であれば、キッチンでつくる工程を見ながら店員さんにおすすめを聞くのもひとつの魅力です。ぜひ、コミュニケーションを取りながらおいしいコッペパンを食べてみてください」(同)

 味も販売方法も独自の進化を遂げているコッペパン。専門店を見かけた際には、一度食べてみるのも一興だろう。
(文=真島加代/清談社)

●取材協力/片山智香子(かたやま・ちかこ)
1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア。国内・海外のパンを求めて旅をするブログ「旅するパンマニア」を更新。近著『愛しのパン』の執筆をはじめ、テレビや雑誌などさまざまなメディアで活躍中。

●「旅するパンマニア

コッペパンブームの意外な秘密…専門店急増の理由&食べるべき「概念を覆す食感」とはのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、やわらかシロコッペコッペパンパンパンの田島の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事