NEW

有働由美子が明かしたNHKのセクハラ体質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

有働由美子『ウドウロク』(新潮社)

 テレビ業界においてセクハラが横行していることを示す報道がまたもや飛び込んできた。2009年と2010年に『NHK紅白歌合戦』のチーフプロデューサーを務め、2016年にはエンターテインメント番組部長に就任していた50代前半の局員がセクハラにより処分を受けていたと「週刊文春」(文藝春秋)2018年10月11日号で報じられたのだ。

 記事によれば、飲酒のうえで接触を伴う行為があったとして、昨年の春にNHK局内の女性が訴え出たことにより問題が発覚。その後、今年6月には定期異動で編成局主幹という閑職になり、8月には3カ月の停職処分となったという。

 「週刊文春」記事ではさらにこんなことも報じられていた。福田淳一前財務次官によるセクハラ問題などを受け、NHKの労働組合が局員にアンケートを行ったところ、過半数がハラスメントを受けたことがあると回答し、さらに、その6割以上が「局内」での被害であったと答えているというのだ。

有働由美子が明かしたNHKのセクハラ体質のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事