NEW

【伊調パワハラ問題】栄和人氏、田南部コーチを名誉毀損で提訴「告発状の大部分は虚偽」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
写真:AFP/アフロ

 沈黙していた男が、ついに反撃に出た――。

 女子レスリング五輪4連覇の伊調馨選手(34)と、田南部力コーチ(43)に対するパワハラ騒動で、日本レスリング協会の要職を解かれた栄和人氏(58)が9月20日、「虚偽内容の告発で名誉を棄損された」として、田南部コーチを名古屋地裁に提訴し、330万円の損害賠償金を求めた。

 1月に田南部氏が弁護士に託して匿名で内閣府に提出させた告発状の主旨は以下の2点だった。

(1)栄氏が伊調選手の警視庁道場への出入りを禁じた
(2)田南部コーチに対し伊調馨の指導をしないように不当に圧力をかけた

「(協会の)福田会長、高田専務、栄理事にとって伊調のオリンピック4連覇、国民栄誉賞は憎むべき事実であった。(栄理事は吉田が4連覇するよりも伊調が負けるのを見たいと周囲に話していた)」とまでしていた。

 しかし今年4月、協会が委託した第三者委員会は「伊調選手の処遇は警視庁監督の一存で決められることであり、彼が伊調選手の所属する警備会社ALSOKの監督との話し合いで、事前に栄氏に(伊調選手を警視庁道場から追い出すことを)求められたとする事情は証拠から認められない」との報告をしていた。

 協会は2016年9月に田南部コーチを全日本男子の強化コーチから外したが、「ナショナルチームのコーチは再任が当然ではなく、田南部を選任しないことはパワハラとはいえず、警視庁監督が栄氏と田南部を警視庁レスリング部から外すことを事前に話し合っていた証拠はない」としている。これらの結果から、栄氏の訴状は、「栄氏が伊調選手に警視庁の出入りを禁じた」「田南部コーチが同選手に指導をしないように不当な圧力をかけた」という主張を否定している。

 さらに栄氏が「至学館大に来なければ五輪に選ばれない、と言って中学生や高校生の有力選手に金銭を渡して同大学へ来るように求めた」「全日本の合宿で日本体育大学の女子選手に陰湿ないじめをした」なども虚偽内容であるとした。田南部氏は確たる情報を得て告発したのではなく、「虚偽であることを知りながら、事実のように装い、弁護士に提出させた」とも主張している。

【伊調パワハラ問題】栄和人氏、田南部コーチを名誉毀損で提訴「告発状の大部分は虚偽」のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、伊調馨栄和人田南部力の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事