NEW

『中学聖日記』女教師・有村架純に日本中の男子中学生が悶絶か…今年一番ヤバいドラマ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『中学聖日記』(TBS系)公式サイトより

 今クールの連続テレビドラマ『中学聖日記』(TBS系)の第1話が9日、放送された。

 教師3年目の末永聖(有村架純)は、神奈川県の片田舎にある中学校に国語教師として赴任し、新任としては異例のクラス担任を任される。若い女性教師ということもあり、初日のホームルームで生徒たちから冷やかされるも、なんとか担任教師としてスタートを切る。しかし2日目、廊下で会った生徒の黒岩晶(岡田健史)に「昨日も思ったけど、黒岩くんって、キレイな顔してるね」と言うと、いきなり晶から頬をぶたれて両腕を捕まれ、「頼むからこれ以上、イライラさせないで」と言われ呆然とする。

 さらに後日、三者面談で晶の母親・愛子(夏川結衣)の到着を待っていると、聖は晶から「先生は全然、教師向いてないですよね?」「先生ごっこ、楽しいですか?」と責められ、聖は「楽しいよ。生徒たち、みんなかわいくて好きだし」と答えると、晶から「じゃあ、僕のどこが好きですか?」と聞かれ言葉に詰まる。

 そんな聖だが、大阪にいて遠距離恋愛中の川合勝太郎(町田啓太)から、話があるから東京で週末に開かれる同窓会で会いたいと告げられ、別れ話を覚悟して出向くと、なんと結婚のプロポーズを受ける。だが、同じ店で偶然居合わせた勝太郎の会社の上司・原口律(吉田羊)から、今の学校をやめて大阪で一緒に暮らそうという勝太郎の提案について、それに従って“並の幸せ”を選んでよいのかと問われる。続けて、律から「川合のこと好き? 幸せ?」質問され、うなずくと、「嘘。どっちもは、ないよ」「昔の人の言葉。恋愛は幸福を殺し、幸福は恋愛を殺す。好きと幸福は両立しないってことかな」と諭される。

 聖は少し戸惑いつつも、そのまま同窓会を楽しんでいると、学校から電話があり、晶ら聖のクラスの生徒4人がボヤ騒ぎを起こしたことを知り、勝太郎が運転する車で急いで病院に駆けつける。するとそこには、すでにほかの教師や生徒の親たちが集まっており、聖は遅れてきたことを詫びる。

 そして翌日、晶は母の愛子と言い合いになり家を飛び出し、聖と愛子が手分けして探していると、聖は雨の中を自転車をこいで疾走する晶を見つけ、車に乗せる。車中で聖と2人きりという状況で気持ちを抑えきれなくなった晶は、発車しようとする聖の左手を握り、キスを迫ろうとするが、聖の携帯電話が鳴り、聖は車を降りる。

 後日、登校途中で聖から車中に忘れていった服を渡された晶は、走って聖を追いかけ、少し離れた廊下を歩く聖に向かって大声で、「先生! 僕、先生のこと、好きになっちゃいました。もう、どうしていいか。全然わかりません」と叫び、聖が少し笑みを浮かべながら驚いた表情で晶を見つめるところまでが放送された。

思い出される『魔女の条件』と『高校教師』


 第1話の冒頭では、今後、聖と晶が教師と生徒という関係にもかかわらず“禁断の恋”に落ちることが明かされているが、同様に女性教師と男子生徒の恋を描いたヒット作としては、『魔女の条件』(同)が思い出される。

『中学聖日記』女教師・有村架純に日本中の男子中学生が悶絶か…今年一番ヤバいドラマのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、中学聖日記教師有村架純の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!