NEW

JRAに新風!藤田菜七子がモレイラにガチ勝負…秋華賞も予想を覆す大波乱か

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
勝利への執念を感じさせる強気の騎乗

「久々に凄いものを見た」

 そんな声も聞かれた10月6日の東京5レース。JRA(日本中央競馬会)唯一の女性騎手である藤田菜七子が、今もっとも注目を浴びている世界的騎手のジョアン・モレイラに喧嘩を売るガチンコの勝負を見せたのだ。

 そのシーンは、レース最後の直線。勝負どころの残り400mに入り、モレイラが騎乗する1番人気馬・ブーザーの前にいた藤田は、モレイラに進路を与えず蓋をする強気の騎乗を見せた。完全に行き場を失ったモレイラは「(英語で)前を開けろ!」と叫んだようにも見えたが、藤田は頑として譲らず、完全にモレイラは負けパターン。しかし馬の力差は圧倒的で、その後、外に立て直して猛然と追い込んだモレイラに先着を許し、藤田は2着。結果として惜敗したものの、間違いなく勝利への執念を感じさせる騎乗だった。

 モレイラとブーザーの関係者には賛否あるかもしれないが、あの騎乗が偶然ではなく藤田本人の意思によるものであるならば、大いに称賛されるべきだろう。事実、インターネット上の掲示板には、「1番人気のモレイラに蓋をした菜七子の度胸と根性にあっぱれ」「今年ここまでの五指に入るくらいの好騎乗」と、騎乗ぶりを絶賛するファンの声が多数見受けられた。

 藤田はJRA女性騎手の最多勝記録を更新中だが、今後も期待が持てるレースだったと言えるだろう。さらに、この騎乗を見たある馬主が「(落馬で骨折した)石橋脩と(騎乗停止処分を受けた)モレイラが秋華賞に出られなくなったと聞いて、それなら藤田菜七子を乗せればいいのにと思った」と語るように、大きなインパクトを残した。結局、それぞれ乗り替わりは別の騎手となったが、このレースがきっかけとなり、藤田は今後、騎乗依頼を受けてG1レースに挑戦といったことがあるかもしれない。

 秋華賞は、クリストフ・ルメールが騎乗するアーモンドアイ、武豊が乗るカンタービレをはじめ、ラッキーライラック、サラキアなどが出走する注目のG1レース。もしアーモンドアイが勝利すれば、秋華賞創設以降4頭目の牝馬三冠馬となるが、調整過程を見るとアーモンドアイ陣営はかなりの手応えを感じているように思える。しかし、秋華賞の歴史を見ると、過去5年で1番人気馬はわずか1勝と波乱が続いており、何やら不穏な空気が漂っている。

 そこで、「秋華賞に関するすべての情報が集まる唯一の場所」といわれる、競馬情報のプロ集団「マスターズ」に、秋華賞の最新情報について話を聞いた。競馬における情報にはさまざまなものがあるが、マスターズは“馬券につながる3つの要素”である騎手、馬主、厩舎に特に力を入れているという。その理由について、マスターズの担当者はこう話す。

「競馬は、【馬主】が大金を払った競走馬を、【厩舎】が預かって極限まで仕上げ、【騎手】が渾身の騎乗で勝利へと導くもの。この一連の流れでキーワードになっている【馬主】【厩舎】【騎手】の情報を押さえておけば、馬券は高確率で獲れると言っても過言はありません。その【馬主】【厩舎】【騎手】の極秘情報を収集する情報網(スペシャリスト)を揃えているのが、我々マスターズです」

 確かに、馬の所有者である馬主と、日々馬と接している厩舎、そして実際にレースで騎乗する騎手を押さえておけば、そのレースでその馬がどの程度の仕上がりか、どういった思惑があるか、そしてどんな騎乗をするのか、すべてが明白になる。それは秋華賞においても例外ではなく、すでにマスターズには全出走馬の思惑、状態、適性、騎乗内容が届いているという。

「我々が今回入手している秋華賞の情報は、マスコミで公開されているものとは、まったく異なります。アーモンドアイにある“重大な不安要素”を完全に把握するマスコミはなく、またアーモンドアイを負かそうとあらゆる手段を使う陣営の存在も、マスコミや他社など表に出ることはありません。

 先週末の毎日王冠とサウジアラビアRCでマスターズは、ともに万馬券を的中させましたが、毎日王冠2着のステルヴィオ、サウジアラビアRC2着のドゴールのように、なぜかマスコミで人気にならない馬がいます。

 そして秋華賞は、その万馬券を的中させた毎日王冠などよりもはるかに自信のあるレースです。好配当はもちろん、もしその情報を見ればアッと驚くことは間違いないでしょう」(同)

 このように、マスターズは秋華賞の的中に揺るぎない自信を見せており、この情報を知ることができれば誰でも“美味しい馬券”を手にすることができるだろう。

 最後にマスターズ担当者は、驚くべきことを語った。なんと、彼らが入手した秋華賞の衝撃情報を、無料で公開するというのだ。しかも、その内容が「3連単勝負馬券」というから凄い。スポーツ紙や競馬専門紙では馬連7点や8点といった多点数購入が当たり前で、素人の予想と差はない。しかしマスターズのように3連単厳選情報となれば話は別だ。資金を厚めに勝負することができ、当たれば払戻金も大幅にアップするのだから。

CLICK → 特別無料公開!「秋華賞3連単勝負馬券」マスターズ

100万円近い払い戻しを獲得した新潟日報賞

 マスターズは先週末の毎日王冠で3連単1万170円、サウジアラビアRCで3連単1万2060円を的中と絶好調。加えて、夏以降に3連単24万4990円(2新潟5・新潟日報賞)、3連単12万9440円(2札幌3・WASJ第1戦)などの好配当を数多く的中させており、まさに今一番勢いに乗っているともいえよう。

 また彼らはこの秋華賞に絶大な自信を見せているが、それは秋華賞だけにとどまらないようだ。というのも、この秋は過去6年で5度の的中を達成しているジャパンカップを筆頭に、自信度の高いレースが目白押しとのこと。秋華賞から始まる秋のG1シリーズは、マスターズを利用することで馬券は安泰といえるだろう。

 なお、今回マスターズの無料秋華賞情報を利用すれば、すべての開催データを管理する分析班が、その週に行われる重賞で好走確率の高い馬をピックアップする「必見!重賞データ解析」や、週中の段階で厳選した有力馬を公開する「追い切り注目馬X」、大好評の「秘密の万券ヤリ話」などを無料公開。さらに、有料コンテンツの朝イチ推奨馬券から、平場戦の達人S氏が推奨するレースを土曜1鞍、日曜1鞍、特別に無料で提供するという。これから競馬を始めたい人も、競馬を続けていてなかなか勝てない人も、このマスターズの情報は大きな武器になるはずだ。ぜひこの機会にゲットしよう。
(文=編集部)

※本稿はPR記事です。

JRAに新風!藤田菜七子がモレイラにガチ勝負…秋華賞も予想を覆す大波乱かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、JRAジョアン・モレイラ秋華賞藤田菜七子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事