NEW
高井尚之が読み解く“人気商品”の舞台裏

全自動コーヒー抽出器「FURUMAI」が密かにブーム…有名バリスタたちのノウハウ凝縮

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
阪本義治氏は、JBC2018の司会も務めた

「現象の裏にある本質を描く」をモットーに、「企業経営」「ビジネス現場とヒト」をテーマにした企画や著作も多数あるジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、経営側だけでなく、商品の製作現場レベルの視点を織り交ぜて人気商品の裏側を解説する。

 9月26日から28日までの3日間、東京ビッグサイトで「SCAJ2018」という展示会が開催された。SCAJとは、日本スペシャルティコーヒー(Specialty Coffee Association of Japan)の略で、“アジア最大のスペシャルティコーヒーイベント”を掲げ、コーヒー業界の各社が会場内に専用ブースを出すほか、各種のコーヒーの大会も実施された。

コーヒー職人を勝たせる「バリスタトレーナー」

 もっとも関心を集めたのが「JBC(ジャパンバリスタチャンピオンシップ)の準決勝・決勝」(26~27日)で、コーヒー職人であるバリスタの国内選手権だ。制限時間15分でそれぞれに工夫した「エスプレッソ」「ミルクビバレッジ」「シグネチャービバレッジ」の3種類のコーヒーを淹れる。味はもちろん、一連の言動を清潔感・創造性・技術などから審査される。

 実は、決勝に残った6人のファイナリストのうち、優勝した山本知子氏(「ウニール」ヘッドバリスタ)をはじめとする4人は、「バリスタトレーナー」と呼ばれる同じコーチの指導を受けた。それがアクトコーヒープランニング代表取締役・阪本義治氏だ。

 44歳の同氏は、これまで世界王者をはじめ日本有数のバリスタを育成して大会に送り出した。現在も20代から40代までのバリスタが多数指導を仰ぐ。その功績が認められ、外食産業記者会が選ぶ「外食アワード2017」を中間流通・外食支援者部門で受賞した。

 現在「バリスタトレーナー」としては、阪本氏が第一人者だ。だが、もともとは格闘家をめざした青年だった。今回は同氏の活動とともに、コーヒー業界の動きも紹介したい。

全自動コーヒー抽出器「FURUMAI」が密かにブーム…有名バリスタたちのノウハウ凝縮のページです。ビジネスジャーナルは、連載、コーヒーコーヒー業界バリスタ阪本義治の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事