NEW

韓国のプロ野球、観客の7割が20~30代&女性殺到の秘密…野外フェス化で客熱狂

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国・プサンにあるサジク球場

 日本のプロ野球ファンで、ボリュームゾーンとなる年代はどこだろう。2017年にニールセンスポーツ社が行った調査によると、40歳以上が54%を占めている。なかでも、全体の37%は40~50代の男性。「カープ女子」「オリ姫」などと呼ばれる女性ファンが増えてはいるものの、全体的にみるとやはり、プロ野球は“おじさんに人気のスポーツ”だとデータが示している。

 一方で、韓国のプロ野球はまったく違った結果となっている。球場を訪れる観客の約70%が20~30代の若者で、約40%が女性だという(スポーツマーケティングの専門調査機関・SMS社の調査による)。なぜ若い野球ファンが多いのか、筆者は実際に韓国へ行き、野球観戦をしてきた。現地で観客の生の声を聞いたり、専門家にインタビューしたりすることで答えが見えてきたが、その前に韓国のプロ野球について簡単に紹介したい。

 日本のプロ野球は12球団・2リーグ制。一方の韓国は10球団・1リーグ制だ。年間試合は144試合で、日本(143試合)とほぼ変わらない。日本野球では、リーグの上位3チームが日本シリーズ出場を競うクライマックスシリーズがある。韓国では5位までが、クライマックスシリーズに相当するポストシーズンに出場できる。

 このように運営面での違いはあるが、もちろん野球の基本ルールは変わらない。同じコンテンツを提供しているのに、なぜファン層が大きく異なるのだろう。

 筆者が向かったのは韓国・プサンにあるサジク球場。観戦したのは本拠地のロッテジャイアンツと、ハンファイーグルスのナイターだ。16時になると、会場はかなりの混雑具合。入場口まで長蛇の列ができ、移動もままならないほどだった。



 球場内は確かに若者や女性の姿が目立つ。野球場というより、遊園地や音楽ライブのような客層だと感じた。


 もちろん、会場も超満員である。観客たちの表情やしぐさからは、試合開始を心待ちにしているワクワク感があふれていた。


 そして試合開始。まず感じたのは、観客たちの一体感だ。対戦相手であるイーグルスの投手が牽制球を投げた際は、「マ!」という掛け声が球場中に響き渡る。これは、「(牽制球を)止めろ!」という言葉なのだそう。またジャイアンツの選手が三振やエラーをすると、一斉に「ケンチャナ!(ドンマイ)」とフォローする。

韓国のプロ野球、観客の7割が20~30代&女性殺到の秘密…野外フェス化で客熱狂のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、クライマックスシリーズプロ野球韓国の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事