NEW
岡田正彦「歪められた現代医療のエビデンス:正しい健康法はこれだ!」

ペットボトルの水、プラスチック汚染との調査結果…広く食品や空気も汚染、体内に侵入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 ウミガメの鼻にプラスチック製のストローが刺さった写真は衝撃的でした。いまやプラスチック製品による海洋汚染は広く知られるところですが、被害に遭っているのはウミガメやカモメだけでなく、われわれ人間も例外でないという話を紹介しましょう。

 米国ニューヨーク州立大学の研究チームが、「ミネラルウォーターはプラスチックの微粒子で汚染されている」との驚きの調査結果を発表しました【注1】。米国、インド、メキシコ、英国、フランス、ドイツ、レバノン、インドネシア、中国の9カ国で製造されているミネラルウォーター11銘柄を分析したところ、93パーセントのボトルから1本当たり最大1万個の微粒子が検出された、という内容でした。微粒子の正体は、ポリプロピレン、ナイロン、PET(ペットボトルの材料)などのプラスチックでした。

 これらはマイクロプラスチックと呼ばれます。大きさは6.5~100ミクロンだったそうですが、なかには100ミクロンを超えたサイズの微粒子もあり、その多くはペットボトルのキャップの破片でした。ちなみに20歳前後の男性の毛髪の直径が85ミクロンほどです。

 論文では、調べた方法も仔細に報告されていて、プラスチックに付着しやすい特殊な蛍光色素をミネラルウォーターに加え、発光する粒子を顕微鏡でカウントしたのだそうです。2人の研究者が同じサンプルを別々に調べ、結果が一致していたことを示すグラフも丁寧に提示されていました。

 あるミネラルウォーターの製造会社は、この論文にただちに反応し、「異なる地域で発売されている6本について分析をしてみたが、どのボトルにも微粒子はほとんど見つからず、せいぜい5個以下だった」とメディアの取材に答えたとのことです【注2】。

 また、その会社は「微生物などを間違ってカウントしたのではないか」と批判していたそうですが、筆者の経験からいえば、微生物と人工物を顕微鏡で見間違うことはありえませんし、もし本当に微生物が混じっていたのだとすれば、そのほうがよほど怖い話ではないでしょうか。

ペットボトルの水、プラスチック汚染との調査結果…広く食品や空気も汚染、体内に侵入のページです。ビジネスジャーナルは、連載、ペットボトルマイクロプラスチックミネラルウォーターの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事