NEW
ミドルエッジ「懐かしい!をお送りします」

岡田准一、ビートたけし、ジャッキー・チェン…有名芸能人を翻弄した、“ボイン美女”たち

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※参考画像:『高岡早紀写真集「TIME DIFFERENCE」 』 小学館(amazonより)

 あなたにとって「懐かしい」とはどんな情景でしょうか? 1970~90年代の「懐かしい」を集めたのが「ミドルエッジ」。あなたの記憶をくすぐる「懐かしい」から厳選した記事をお届けします。

 今回のテーマは“ボイン”の歴史。66年~82年に放送された伝説のお色気番組『11PM』(日本テレビ系)。そこで司会を務めた朝丘雪路の大きな胸にインスパイアされた大橋巨泉によって生み出され、月亭可朝の「ボインは~」の歌で一躍有名になったこの言葉ですが、今やすっかり死語に。しかし、言葉は廃れても、巨乳・爆乳・超乳と呼ばれる、いわば“ボイン”の流れをくむ女性タレントはいつの時代も人気を集め、時にその魅惑のバストで有名芸能人たちを翻弄してきました。

ジャッキー・チェンから猛アプローチを受けた河合奈保子

※参考画像:『月刊平凡 GOLDEN BEST!! Vol.1 河合奈保子写真集 再会の夏』マガジンハウス・アーカイブス(amazonより)

 80年代の定番テレビ番組『アイドル水泳大会』で、世の男性の目をくぎ付けにしていた伝説のアイドル・河合奈保子。肉感のある肢体とあどけない表情、そして豊満なバストという外見的特徴は、現在、グラビア業界の一ジャンルとして確立されている「童顔巨乳」の走りともいえそうです。

 そんな魅惑のボディを持つ河合を、芸能界の男たちが放っておくはずもありません。特に有名なのはアクションスター、ジャッキー・チェンのご執心ぶり。デビュー当時から河合の大ファンで、仕事で来日したときにツテを使って河合と密会することに成功。その後も河合が香港に行った際、自分のお店で豪華な食事をご馳走するなど入れ上げていましたが、河合のガードは堅く、結局、男女の仲にはならなかったのだとか。

「ビートたけしの愛人」とささやかれた細川ふみえ

※参考画像:『フェミニン―細川ふみえ写真集』音楽専科社(amazonより)

 90年代前半、ビートたけしとのツーショット写真を雑誌「FOCUS」(新潮社)に掲載された「フーミン」こと細川ふみえ。当時、たけしは即座に記者会見を開いて、交際の報道を否定。しかし、その後も噂はついて回り、後にたけしがバイク事故に見舞われた際も「フーミンの家へ行く道すがらで起こった悲劇なのでは?」と、長らく語られていました。

 そんなたけしとの交際疑惑について、フーミンは2014年、『櫻井・有吉アブナイ夜会』(TBS系、※現在の『櫻井・有吉THE夜会』)に出演して「私のことは友達だと言ってくださったことはあります」と「友人」であることを強調。しかし、本当に友人止まりの関係だったのか……真相は今も謎のままです。

布袋寅泰から松坂桃李まで…噂になった有名人多数の高岡早紀

※参考画像:『高岡早紀写真集「TIME DIFFERENCE」 』 小学館(amazonより)

 高岡早紀といえば、魔性の女として有名。1994年、篠山紀信撮影のヘアヌード写真集『one, two, three』で見せた見事な肢体と妖艶な色気を武器に、これまで数多くの著名人と浮名を流してきました。なかでも有名なのは、2004年に発覚した布袋寅泰とのW不倫。当時、高岡は保阪尚希と結婚しており、布袋もまた今井美樹の夫でありながら、六本木のバーで熱く絡み合っている姿がすっぱ抜かれ、世間を大いに騒がせたものです。

 この騒動がきっかけとなり高岡は保阪と離婚し、いく度かの恋愛沙汰が報じられた後、2014年ごろからはダイヤモンドダイニング社長・松村厚久氏とパートナー関係に。ようやく落ち着いたかと思いきや、今度は17年、映画『娼年』で共演した16歳年下の松坂桃李と噂になっており、やっぱりこの人、只者じゃありません。

岡田准一、ビートたけし、ジャッキー・チェン…有名芸能人を翻弄した、“ボイン美女”たちのページです。ビジネスジャーナルは、連載、ミドルエッジ優香岡田准一細川ふみえ高岡早紀の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!